イタリアのお菓子: 「フェレロ ラファエロ」を食べる!

記念すべき?第1回目のおやつは「フェレロ ラファエロ」

スーパーでお菓子を見てたら、このようなお菓子を発見!!

フェレロ ラファエロ01

ロシェを作っているメーカーのお菓子

その名もフェレロラファエロ!

製造メーカーはイタリアのフェレロ社で、輸入会社は株式会社春日商会。

・・・どうでもいいけどフェレロって最初の頃ずっとフィレロだとばかり思っていて、結構長い間違えて覚えてたかもしれない。

そして、フェレロというと「ロシェ」というお菓子が浮かんでくるんだけど、今回は見た目も少し似ていて、ロシェの白バージョンともいえそうなお菓子。

フェレロロシェはスーパーとかコンビニなど結構いろんなところで普通に見かけるものの、このラファエロはあんまり見かけない気がする。ロシェシリーズみたいな感じで、他にも種類があったりするのだろうか?

何気にフェレロロシェはかなり好きで、時々食べたくなるお菓子。あのいろんな食感が混じったような感じが非常にウマイといった感じ。

というわけで、さっそく開封!

フェレロ ラファエロ02

皿にのせてみると、ココナッツの香りが結構フワッと漂ってくる。(`・ω・´)

そして、表面は白くココナッツで覆われていて、見た目の時点で高級感もあって、結構期待度高め。

フェレロ ラファエロ03

さっそく食べてみる!(感想)

フェレロ ラファエロ04

表面はココナッツでシャリシャリしていて、そのあとサクッとしたウエハース、さらにしっとりした感じのクリーム、最後にアーモンドといった感じで、いろんな食感が次々にやってくるるのは非常に食べていて飽きない非常にスバラシイ要素!

さらには、中身のクリームの部分も甘ったるくなくて、食べやすい口当たり。ロシェのほうがどちらかというと好みではあるもののど、これはこれで負けず劣らずウマい!といったところ。

「うまい菓子は散らばりやすいものが多いぞ」とでも言わんばかりに、油断していると表面にくっついているココナッツのかけらがパラパラと散らばるのがネックといえばネックかも。そんな具合で、開封後、袋の裏を見ようとしてひっくり返したらココナッツがパラっとテーブルの上に散らばって来ちゃったりしたのであった・・・。

好みな味なので、時々食べたくなりそうなお菓子!

・メーカー:フェレロ社
・購入場所:スーパー
・購入価格: 160円

原材料表

フェレロ ラファエロ05

原材料名
植物油脂、ココナッツ、砂糖、脱脂粉乳、アーモンド、小麦粉、ホエイパウダー(乳化剤)、ライ麦粉、食塩、香料、乳化剤(大豆由来)、膨張剤
・内容量:30g
・名称:菓子
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする