ロングセラー菓子:マスヤの「おにぎりせんべい」を食す!

今回のおやつ:マスヤの「おにぎりせんべい

昔からあるお菓子

これも昔からあるお菓子で、発売されたのは、それもそのはずな感じの1969年(昭和44年)。

実に40年以上も前からあるわけで、子供の頃から結構食べてたのも納得といえるお菓子。ちなみに1969年前後に発売されている他のロングセラーお菓子は明治アポロ(1969年)やギンビスのアスパラガスビスケット(1968年)、カール(1968年)といった感じ。

おにぎりせんべい01

場所によっては知名度が低いらしい

しかしながら、エリアによってはあまり知られていないところもあり、関東方面や東北地方などでは知名度はあまりないといった話も・・・。さらに東北地方ともなると、知られていない場合のほうが多いとのこと。

おにぎりせんべいの特徴など

メーカーはマスヤという三重県の会社で、他にもピケエイトといったロングセラー菓子を作ってるのもこのメーカー。

特徴としては、おにぎりせんべいの名前のとおり三角形をしていること。

さらに、もう一つのおにぎりせんべいの特徴としては、やはり!・・・かどうかは分かんないけど、緑とオレンジの縦じま模様の袋。

昔からこの模様のデザインだったのもあって、おにぎりせんべいのトレードマークみたいな感じにも思えてくるかも。

とりあえず開封!

まずは皿にのせてみる。

一口サイズよりも、ちょっと大きいかな?といったぐらいのサイズで、色は醤油感のある茶色。若干ヒビの入った焼き上がり感が地味に美味そう。

そして「おにぎりせんべい」といっても、おにぎり味というわけではなく、あくまでもおにぎり型の煎餅といった感じで、おおむね醤油味ではあるので、強引に解釈すれば、醤油の焼きおにぎり味ともいえてしまいそう。

どっちにしてもウマイという事には変わりないので・・・

おにぎりせんべい03

さっそく食べてみる!

おにぎりせんべい04

かぶりついてみると、サクッとした感じの少しやわらかめの食感で、なおかつ、ほんのりと優しい感じの甘みのあるしょうゆ味。昔ながらの素朴さのあるオーソドックスなうまさの煎餅といった感じ。

また、表面に付いてる海苔に関しては、ちょろっとあるだけなのもあって、そんなに存在感は無さそうではあるけど、ほんのりとしたアクセント感があるのがニクいところ。

クセの少ない素朴系な味ともいえるので、これもまたロングセラー相応に飽きが来なくて地味にウマイ!といった感じのお菓子。

何気に、おにぎりせんべいの愛好家も結構多そうな気がする。

メーカー:株式会社マスヤ
・購入場所:ダイソー
・購入価格: 54円

原材料と成分表

おにぎりせんべい02

原材料名
うるち米(国産、アメリカ産)、植物油、しょうゆ、砂糖、デキストリン、海苔、卵黄パウダー、ポークエキス、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、(原材料の一部に卵、小麦、大豆、ごまを含む)
・内容量:28g
・名称:米菓
栄養成分表示(1袋当り)
熱  量:134kcal 炭水化物:18.9g
たんぱく質:1.8g ナトリウム:197mg
脂  質:5.7g 食塩相当量:0.50g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする