これもまた定番菓子! 今回のおやつ:グリコの「ビスコ」を食べる!


第5回目のおやつはグリコの「ビスコ

というわけで、今回もまたロングセラーなお菓子のひとつ(`・ω・´)

ビスコもずいぶん昔からあるお菓子で、子供の頃から食べてた記憶があるな・・・とおもったら、実は発売年は昭和8年(1933年)とかなり年季が入った感じ。これって、もし自分が相当な年齢だったしても子供の頃から存在してるレベルじゃないか!

ビスコ01

そして何よりの特徴は、パッケージにドンと構える「なんだか地味にリアルな少年」の顔。

何だかリアルだし、この少年には実在するモデルでもいるのだろうか?・・・でも、いたとしても1933年のお菓子だったら、すでにお爺さんなのかもしれない(´・ω・`)

とか思いながら一応検索してみると、どうやら、この少年の名前は「ビスコ坊や」というらしい。・・・2秒くらいで思いついた可能性もありそうな、ずいぶん雑なネーミングだけど、かえって覚えやすかったりはするかも!調べによると、ビスコ坊やのモデルとなった人物の正体は・・・特にいないらしい。

さらには、このビスコ坊やも何回か代替わりをしているらしく、すでに現在は5代目。メーカーサイトを見たところでは、代を重ねる事に徐々にリアル化してる傾向にある感じ。6代目くらいからは実写にでもなるのだろうか?

ちなみに5代目が就任したのは2005年で、そこそこ最近。

ビスコ02

とりあえず、さっそく開封!

皿に乗せてみる!

一口サイズのビスケットで、おそらく子供向けでもあるので小さ目。

ビスコ03

というわけで、食べてみる!

ビスコ04

歯ざわり軽めのビスケットが2枚重ねになってて、中にはクリームがサンドされてる、といったタイプのお菓子で、生地・クリームともにほんのりとヨーグルト的な甘酸っぱいような味が漂ってくる感じ。

乳酸菌1億個が入ってるらしいので、多分それらが発している甘酸っぱさなのかもしれない。

そして、甘さが控えめでクドさといったっものが無く、甘酸っぱい後味が良かったりで地味に良菓子(`・ω・´)

といった感じで、あれこれと書きながら食べてたら2袋ともガッツリ食べてしまった・・・。

メーカー:江崎グリコ株式会社
・購入場所:ローソン100
・購入価格: 41円

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.7点)

ビスコ05

原材料名
小麦粉、砂糖、ショートニング、乳糖、加糖練乳、全乳紛、食塩、小麦たんぱく、でん粉、乳酸菌、炭酸Ca、膨張剤、乳化剤、香料、調味料(アミノ酸)、V.B1、VB2、V.D
・内容量:5枚
・名称:ビスケット
栄養成分表示(1パック当り)
エネルギー:98kcal 炭水化物:14.8g
たんぱく質:1.3g ナトリウム:47mg
脂  質:3.7g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする