駄菓子: リスカの「日本一ながーいチョコ」を食べてみた!


第7回目のおやつはリスカ「日本一ながーいチョコ

実はこのお菓子、自分の住んでいる近辺では日頃あんまり見かけないけど、今回たまたま見つけたので、ここぞと言わんばかりに購入!!

メーカーのリスカがある茨城県には、このお菓子のパッケージにあやかった看板が建っているところがあると、その昔に聞いたこ事があるので、どことなく気になってたお菓子でもあるかも。

日本一ながーいチョコ01

まずはざっくりと見てみると、その名も「日本一ながーいチョコ」ということで、チョコバットやうまい棒、徳用チョコといったような細長系のお菓子では群を抜いて長め!

しかしながら、同じくらい長いチョコバーにも何だか見覚えがあるので、実際に日本一長いかどうかは定かではないかも(´・ω・`)

とりあえず名乗ったもの勝ち、というわけできっと日本一であるに違いない!

それにあやかり、このブログも日本で82番目のお菓子ブログだと、こっそりかつ適当に名乗っておこうと思ったのであった!

なぜ82番かというと、そのこころは082でおやつだから・・・。

日本一ながーいチョコ02

・・・といった冗談はさておき、

とりあえず開封!

日本一ながーいチョコ03

皿にのっけてみると、はみ出すほどに凄まじくロング

細くて長いお菓子や平たい板状のお菓子は、いざ買ってくると折れちゃってる事も結構多いので、念のため2本くらい買ってきているんだけど。今回は運よく2本とも折れていないのであった。

日本一ながーいチョコ04

というわけで、食べてみる!

日本一ながーいチョコ05

コーヒでも飲みながら早速実食!!

中に入ってるパフは、徳用チョコとかに入ってる感じの茶色っぽいサクサクとした食感が心地よい軽さ。チョココーティングとは非常にあっていて、甘さや食感のバランスが良い感じになってるような気がする。

ついでにナッツが良い感じにチョコに潜んでいて、アクセント的にはかなりよかったりするかも。何気に端っこの穴の部分にたまったチョコの部分が私的に隠れたウマみポイント。

適当に例えるとパワーアップ版徳用チョコといったところ。

メーカー:リスカ株式会社
・購入場所:ローソン100
・購入価格: 32円

原材料と成分表

日本一ながーいチョコ06

原材料名
砂糖、植物油脂、コーン(遺伝子組換えでない)、全乳粉、ピーナッツ、カカオマス、ココア、パン粉、脱脂粉乳、食塩、乳化剤(大豆由来)、卵殻カルシウム、香料
・内容量:1本入り
・名称:準チョコレート
栄養成分表示(1本当り)
エネルギー:126kcal 炭水化物:13.3g
たんぱく質:1.7g ナトリウム:28mg
脂  質:7.4g 食塩相当量:0.1g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする