ロングセラー菓子:「明治 マーブルチョコレート」を食べる!

明治 マーブルチョコレート

1961年発売のかなりのロングセラーなお菓子。

明治マーブルチョコレート01

マーブルとはいったい何だ?

今更ながら初めて知ったけど、マーブルというのは大理石の事であるとか!

何で大理石なんだ(´・ω・`) と思ったんだけど、マーブルチョコの名前の由来は、おはじきの事もマーブルというらしく、それに形が似てるからであるらしい。

おはじきというと、小学生の頃にビー玉とともに結構集めてた覚えがあるかも。

自分が子供の頃はまだ駄菓子屋と雑貨屋を掛け合わせたような小さな店が無数に存在してたので、そういう所で買い集めてたりした覚え在り。網の袋に入って一袋いくら、みたいな感じで売ってた気がする。

・・・といった微妙に関係の無い話はさておき。

とりあえず、開封!

さっそく筒のフタをスポッと外してみると・・・

なんとシールが入っていた!

中には「世界の旅シリーズ」なるシールが入っていて、全49種類もあるらしい。・・・というわけで今回出たのはエジプトのシール。別段集めてはいないけど、本気で集めようと思うと結構大変かも。

明治マーブルチョコレート02

皿に乗せてみる!!

カラフルなおはじき状のお菓子。なにげに着色料として、スピルリナとかイカ墨とかがあったりするのも特徴なのかも。

見た目はエムアンドエムズやハイエイトチョコとだいたい同じような感じだけど、何個かに一個くらいの割合で何やら絵がついていて、しかも絵には結構バリエーションがあるかも。

明治マーブルチョコレート03

というわけで、食べてみる!

明治マーブルチョコレート04

表面はガリッとした感じで中身にチョコレート。チョコは若干ビターさもあり。チョコだけだと甘すぎたりしがちだけど、表面の殻とのバランスもあって丁度いい感じでといえそう。

しかしながら、エムアンドエムズやハイエイトチョコなど同系のお菓子と味的には大体同じ気もする。

とりあえずは、昔ながらの味といったところ。

・メーカー:明治
・購入場所:スーパー
・購入価格: 102円

原材料と栄養成分表

明治マーブルチョコレート05

原材料名
砂糖、カカオマス、全乳粉、ココアバター、植物油脂、でん粉、水あめ、ゼラチン、卵殻カルシウム、乳化剤(大豆を含む)、光沢剤、着色料(クチナシ、カロチノイド、フラボノイド、ビートレッド、スピルリナ青、イカ墨)、増粘剤(アラビアガム)、香料、セルロース
・内容量:32g
・名称:チョコレート

明治マーブルチョコレート06

栄養成分表示
エネルギー:161kcal 炭水化物:21.8g
たんぱく質:1.8g ナトリウム:16mg
脂  質:7.4g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする