今回のおやつ:「天狗堂 塩餅」を食べる!


第60回目のおやつは「天狗堂 塩餅

塩餅01

北海道のお菓子メーカーである天狗堂のお菓子!

天狗堂というと、駄菓子の「きびだんご」タイプのお菓子をメインに作っていて、このメーカーのきびだんごは以前に食べた記憶があるかも。

そして、今回の塩餅は道の駅で購入。

「何!北海道に行ったのか?」というと、そういうわけでは無く、何故か岐阜県の道の駅(どんぶり会館)で発見。

道の駅って、そこの地元の物が売ってるのがセオリーな感じがするけど、どういうわけか全然関係ないエリアの物ばかり売ってる道の駅もある気がする。・・・この道の駅には北海道とか青森のおみやげがやたらに売ってたのであった。

といった感じでパッケージをあれこれ見てるかも。

パッケージの形からすると、きびだんごと同じような感じなので、味のバリエーション違いかなといった感じ。

きびだんご自体も地味な駄菓子ではありつつも、いまだに普通に売ってる菓子のひとつといったところ。なんとなく麩菓子とかきなこ棒とかと似たカテゴリーに在りそうなお菓子といったイメージといえそう。

塩餅02

とりあえず、開封!

中身は厚紙でくるまれております(`・ω・´)

ここらへんはきびだんごの時と同様だけど。

塩餅03

中身は結構厚ぼったいオブラートに包まれていて、始めてみると、紙にでも包まれてるようにでも思える人もいるかもしれない。

オブラートを目撃するたびに書いてそうな気がするけど、オブラートは別にうまいものでもないハズなのに地味に好きだったり・・・。

塩餅04

というわけで、食べてみる!

塩餅05

くにゃっとした、どこか和菓子っぽい食感の駄菓子といった感じ。羽二重餅の皮をもうちょっとくんにゃりさせたような歯ごたえで、基本的にはきびだんごと同じといえるかも。

味は塩餅というだけあって、普通のきびだんごより甘さ控えめで、さらにうっすらと塩味効かせた味。塩味全開でしょっぱい、というわけではないのであった。

巻いてあるオブラートは舐めると溶けるけど、自分としては何故かこれが結構好きだったりするかも。ただ、オブラートは無味だけど、ある意味好き嫌いありそうな気がする。

あっさりめの駄菓子のきびだんごといたところ。

・メーカー:天狗堂宝船
・購入場所:道の駅
・購入価格:108円

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.1点)

塩餅07

原材料名
砂糖(北海道産甜菜糖)、水飴、小麦粉、もち粉、あん(北海道産小豆)、食塩(万葉の詩塩)、オブラート(北海道産馬鈴薯澱粉粉)、炭酸Ca、(原材料の一部に大豆を含む)
・内容量:1本
・名称:もち菓子

塩餅06

栄養成分表示(1本当り)
エネルギー:132kcal 炭水化物:32g
たんぱく質:1.0g ナトリウム:192mg
脂  質:0.1g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする