今回のおやつ:ヤマヨシの「手抜き ポテトスナック わさビーフ」を食べる!


第72回目のおやつは「手抜きポテトスナック わさビーフ

手抜きポテトスティックわさビーフ01

わさビーフは手抜き菓子である(`・ω・´)

・・・と批難してるわけでは無くて、本当に商品名が「手抜きわさビーフ」といったシロモノ!

何っ!メーカーが率先して手抜きとはけしからん。一体どんな手抜きをしてるんだ。・・・といった感じで、手抜きポイントを厳重チェック。

まずは厳重チェックするまでもなく、サインペンで書いたみたいなラフなロゴが目に入るかも。

そして次なる手抜き要因は、カップの上についてる袋。

手抜きポテトスティックわさビーフ02

この袋が意味するものとは何かというと、ポテトには味付けがしてないので上の袋をかけてたべなされ!といった感じの方針。

何だかそのうち手抜きがエスカレートして、味なしポテトとフレーバーの粉を別々に売ってるのとかも出てきそうな気もしてきた・・・。

とりあえず、開封!

フタを開けてみると、フライドポテトが入っております。

一本かじってみると確かにイモの味のみで、味付けはされてない・・・。全然関係ないけど、その昔、学校給食のソフト麺を何もつけずにそのまま食べてみたりしてたのを、ふとフラッシュバック的に思い出してしまった・・・。あんなようなワビしい味がするのであった。

手抜きポテトスティックわさビーフ03

味なしのままではイカン、といった感じでパウダーをバサッと振りかけてみる!

ひととおりかけたらフタを閉めてシェイク。

手抜きポテトスティックわさビーフ04

というわけで、食べてみる!

手抜きポテトスティックわさビーフ05

粉のボリュームがあるのか結構味は濃いめな感じで、わさび風味もビーフ味も良い感じに効いております。

かえって別袋についていて、いざ食べるときにかける方が、案外パウダーが勢いづいてる感じでピリッと感はあるような気がするかも。

手抜きとはいうものの、案外別袋は良いアイデアな気もするのであります。普通にポテトチップスのわさビーフより好みかもしれない。

意外と美味しかったお菓子。

・メーカー:山芳製菓
・購入場所:ローソン
・購入価格: 216円

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

手抜きポテトスティックわさビーフ06

原材料名
【ポテトスティック】馬鈴薯(遺伝子組換えでない)、植物油脂、酸化防止剤(V.E、V.C)【わさビーフの素】グラニュー糖、蛋白加水分解物、粉末醤油、ビーフパウダー、食塩、粉末ソース、酵母エキスパウダー、ガーリック、レッドパッパー、オニオン、オリゴ糖、ぶどう糖、デキストリン、わさびパウダー(長野県産わさび100%使用)、植物油脂、調味料(アミノ酸等)、香料、微粒二酸化ケイ素、甘味料(ステビア、スクラロース)、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、小麦、鶏肉、ゼラチンを含む)
・内容量:39g
・名称:スナック菓子

手抜きポテトスティックわさビーフ07

栄養成分表示
エネルギー:199kcal 炭水化物:23.3g
たんぱく質:2.7g ナトリウム:415mg
脂  質:10.5g 食塩相当量:1.1g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする