駄菓子:「フルタ ハイエイトチョコ」を食べる!


第122回目のおやつは「フルタ ハイエイトチョコ

ハイエイトチョコ1

よく似たお菓子(というか多分中身は同じ)として、わなげチョコといったものも存在。

見た目からして、わなげチョコと来たら、対してめがねチョコと名乗ってもよさそうなものの、何故かハイエイトチョコという名前なのであった。

このお菓子も当然ながら、かなり昔からある駄菓子で、「もうとっくに無くなってると思ってたらまだあった」系のお菓子でもあるため、確実に自分が子供の頃からあったモノ。

見た目からして昔からありそうだけど・・・。

ハイエイトチョコ2

さらにはこのお菓子、メガネの穴とは別に、縁っこのほうに何やら意味ありげな穴が2つ・・・。

この穴は一体(`・ω・´)

ということで2時間(というのは嘘で、実際は2秒くらいしか考えてないけど)ほどの熟慮の末、ここの穴に輪ゴムを通してめがねになるよ。といったメーカーの気づかいである事に気づいてしまったかも。

とりあえず・・・気づかいを無にするわけにもいかないので輪ゴムを通してみた。

ちなみに輪ゴムはスーパーで惣菜とかを買う時のパックを閉める時の輪ゴム。

ハイエイトチョコ3

といった感じで、輪ゴムの再利用という微々たるエコロジーだかエコノミーだかを実践してしまった気がするところで・・・

さっそく付けてみる!

・・・と思ったけど、子供向けなのか穴とかの横幅が狭くて少しサイズが合わない。

(´・ω・`)

*ちなみによいおっさんのみんなは、このメガネを外すのを忘れてうっかり外に出たりすると、事案が発生したりするかもしれないので気を付けよう。


といった冗談はさておき。

とりあえず、開封!

マーブルチョコとかエムアンドエムズと大体かぶってる見た目。どれもロングセラーだし、その昔にはもっと同タイプのお菓子がたくさんあったんだろうか?

ハイエイトチョコ4

というわけで、食べてみる!

外はカリカリしてるけど、中身はかなり甘めのチョコ。外と中の食感差がなんともウマいタイプの菓子。

このタイプのマーブルチョコ系菓子は見た目だけでなく、味もだいたい同じ感じがするのは気のせいだろうか?

昔からの馴染みの味でもあるので、オーソドックス感は否めないけど、たまに食べるとウマイかな、といったところ。

・メーカー:フルタ製菓
・購入場所:スーパー
・購入価格:43円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3点)

ハイエイトチョコ5

原材料名
砂糖、カカオマス、乳糖、植物油脂、全乳粉、デキストリン、水飴、加工でん粉、卵殻Ca、光沢剤、乳化剤、着色料(赤ビート、クチナシ、カラメル、カロテン、紅花黄、フラボノイド、増粘剤(アラビアガム)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
・内容量:14粒
・名称:準チョコレート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする