今回のおやつ:「竹下のブラックモンブラン」を食べる!


第143回目のおやつは「ブラックモンブラン

ブラックモンブラン1

モンブランとは言ってもケーキではなく、アイスクリーム。

佐賀県のメーカー「竹下製菓」のアイスクリームで、主に九州で売られていて、九州での知名度は高いらしい。四国には久保田のアイスがあるのと同様に、九州にもブラックモンブランあり、といった感じなんだろうか?

ウィキを見てみる限りでは、発売されたのは1969年と結構昔からあるアイスクリームなんだけど、自分の住んでいるエリアではあまり出回っていないモノで、実は見かけるのも今回が初めてかも。

ブラックモンブラン2

存在自体は知ってたけど、見たことは無いといったアイスであるものの、ある日(というかこれを書いてる数日前)、ドンキホーテにて発見!

こういうのって、いつまで置いてあるかわからないので、サクッと購入といった感じ。

しかしながら、ちょっと家からドンキまで距離があったのもあって、保冷のカバンに入れて持って帰ってきたけど、溶けてないかどうか心配なところ。

↓ちなみに当たり付きであるらしい(`・ω・´)

ブラックモンブラン3

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる。

最近涼しくなりつつあるので、溶けていなかった!

ということで見てみると、いわゆるクランチチョコみたいな感じのアイス。クランチ系アイス、パイ菓子、きなこ系といった、三大こぼれ菓子のひとつにも当てはまるアイスともいえそう。・・・何気に、こぼれやすい菓子はウマイといった法則が自分の中ではあったりもするけど。

ブラックモンブラン4
ブラックモンブラン5

というわけで、食べてみる!

と思ったけど、その前に包丁で切ってみた。

バニラとかで、うっすらと黄色っぽいアイスも結構あるけど、ブラックモンブランの場合、中身は真っ白。

ブラックモンブラン6

さっそく実食!

チョコの表面にカリカリした粒がまぶしてある・・・というオーソドックスだけどウマイ要素がガッツリしてるアイスといった感じ。そして中身の部分は割とさっぱりした感じのクリームでさっぱり感がチョコの甘さといい感じにバランスとれてるな、といったところかも。

ロングセラーなお菓子相応に、昔ながら感もどことなく備えている良アイスといった感じ。

【ブラックモンブラン】

楽天市場

・メーカー:竹下製菓
・購入場所:ドンキホーテ
・購入価格: 78円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

ブラックモンブラン7

原材料名
チョコレートコーチング、クッキー、糖類(砂糖、異性化液糖、水飴)、乳製品、植物油脂、ピーナッツ、卵黄、食塩、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:109ml
・名称:アイスミルク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする