今回のおやつ:明治の「ジンジャーエールアップ」を食べる!


第200回目のおやつは「ジンジャーエールアップ

2016年11月29日発売で、ファミリーマート系限定らしい。

グミの大御所ともいえる「コーラアップ」のジンジャーエール版といえるお菓子。

ジンジャーエールというと、特に某辛口タイプのものが好みで、とりあえずはコーラと並んで好きな炭酸飲料。ただ、辛口タイプのものは身近なスーパーとかでもあんまり売ってなかったりするので、飲みたいときに見つからなかったりするのが難点だけど(´・ω・`)

そして、このジンジャーエールという飲み物も結構歴史が古く、100年以上前から存在してるらしい。ドクターペッパーやら三ツ矢サイダーといった結構な有名どころのドリンクなども、実は100年以上前から存在してたりと、飲み物もお菓子同様にロングセラーの多い分野かも。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

グミの形はビン型。ペットボトル型とも言えそうだけど・・・。

色はまさしくジンジャーエール。

というわけで、食べてみる!

ハードというほどでも無く、ソフトでもないくらいの固さで弾力は結構あり、といった感じの噛みごたえ。袋にはもちもちグミと書いてあるんだけど、もちもちとした弾力ともいえそう。

ジンジャーエール的な炭酸飲料感もよく出ていて、後味にもジンジャーエールっぽい、ほんのり辛いようなクセのある味もいい感じに再現されてる感じ。

原材料を見ると、ジンジャーエールらしく、しょうがエキスも使われているけど、辛口のジンジャエールみたいに鼻にツンくるぞ、ということは無し。しかしながら5個くらい一気にまとめて食べてみると、生姜系の口の中が温かくなるような感じも結構してくる(`・ω・´)

といった感じで、オーソドックスっぽいようで意外と特徴のあるグミ。

グミ自体、重みのあるお菓子ではあるけど100gと結構入ってるので、ボリューム感も十分。

結構好みなグミといったところ。

・メーカー:株式会社明治
・購入場所:サークルK
・購入価格:204円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

原材料名
水あめ、砂糖、ゼラチン、濃縮ライム果汁、植物油脂、しょうがエキス、でん粉、ソルビトール、酸味料、香料、着色料(カラメル、フラボノイド)、光沢剤
・内容量:100g
・名称:グミキャンディー

栄養成分表示(1袋)
エネルギー:333kcal 炭水化物:76.0g
たんぱく質:7.2g ナトリウム:0mg
脂  質:0g コラーゲン:6300mg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする