今回のおやつ:ヤマザキビスケット「レモンパック クリームサンドクラッカー」を食べる!

レモンパック クリームサンドクラッカー

レモンパック1

ヤマザキビスケット(元ヤマザキナビスコ)、略してYBCのクラッカー。

そして、このレモンパックも、エントリー同様、ヤマザキナビスコ時代からある年季の入ったお菓子。

どのくらい年季が入ってるかというと、エントリーが1972年発売でレモンパックは1973年発売。

割と似たようなお菓子だけど、ロングセラー度もほぼ一緒くらいなお菓子といえるかも。

実のところ、このレモンパックも昔からある割には、あんまり記憶に無いお菓子で、昔食べたこともある気がするし、無いような気もするし・・・といったようなうろ覚え感。

ゆえに、マイナー感は否めないお菓子なのであった(`・ω・´)

今回のおやつ:ヤマザキビスケットの「エントリー」を食べる!
ヤマザキのクラッカー菓子エントリー2016年9月5日に発売されているお菓子。といいつつも、エントリー自体はヤマザキナビスコ時代からあったので、おそらくは社名変更の...

とりあえず開封

中身は2パック入っていて、1パックは9枚入り。

レモンパック3

皿に乗せてみる!

ギザギザな四角っぽいクラッカー2枚に、ほんのり黄色いクリームがみっちりサンドされてるお菓子。クラッカーの穴からクリームがウニョっとしてるのはチャームポイントなのかもしれない。

そして、クラッカーのにおいが地味に香ばしいのが、食欲が増しそうな要素。

レモンパック4

というわけで食べてみる

レモンパック5

コーヒーでも飲みつつかじる。

クラッカーは旧リッツ(もはやルヴァンと言うべきかもしれないけど)相応なので、結構馴染みのあるサクサク感や塩加減。

レモンパックというだけに、中のクリームは、サッパリかつスッキリとした甘酸っぱさ。このワザとらしさのない酸味が後味の良さをグンと引き上げている感じ。

そして、時折クラッカーの表面に貼りついている塩粒が、パッと塩味を出してきて、なんとも良いアクセントな感じでウマイ。

意外と腹がふくれるので、軽食にもなりそうなのも良い所。(カロリーもそれなりに結構あるけど)

・メーカー:クラッカー
・購入場所:スーパー
・購入価格:188円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.4点)

原材料と栄養成分表

レモンパック6

原材料名

小麦粉、加工油脂、砂糖、ぶどう糖、脱脂粉乳、食塩、レモン果汁パウダー/膨張剤、ビタミンC、乳化剤(大豆由来)、酸味料、香料、アナトー色素
・内容量:18枚(9枚×2パック)

・名称:クラッカー

レモンパック2

栄養成分表示(1パック9枚当たり)
エネルギー:438kcal 炭水化物:53.8g
たんぱく質:4.9g 食塩相当量:0.9mg
脂  質:22.6g ビタミンC:213mg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする