今回のおやつ:森永の「ムーンライト クッキー」を食べる!

森永製菓のムーンライトクッキー

ムーンライト1

1960年発売と随分昔から存在している貫禄のあるクッキー。

ロングセラーで知られるお菓子というと、体感的には1970~80年代のものが多かったりするんだけど、このムーンライトクッキーはそれらにも勝る古株。

昔からあるタイプのクッキーとしては、幾度となく食べていて、森永のクッキーの中でもこれが一番好きかもしれない。続いてリーフィが好みかな、といった感じ。

ムーンライト2

続いて、側面を見てみると「味博士の味覚分析レポート1」といったものも。2とかもあるのだろうか?

ムーンライト3

内容的には、森永ビスケットの平均値と比較するグラフ。
・マリー
・チョイス
・ムーンライト
・チョコチップクッキー
・リーフィ
・アーモンドクッキー

との比較らしい。

ムーンライト サイド

このレポートによると、ムーンライトは旨みと塩味に優れている感じ。(微差っぽく見えるけど・・・)

とりあえず、開封!

ムーンライト4

皿に乗せてみる(`・ω・´)

黄色くてまん丸な形のクッキー。

ムーンライト5

見た目的にはムーンライトというより、ムーンそのものな感じがするのは気のせいだろうか?。

さらに端っこの焦げ目のグラデーションが影っぽくて、妙に立体感を出しており、よりムーン感があるのも特徴かも。

というわけで、食べてみた感想!

ムーンライト6

実のところ、このクッキーのどこが好きか?と問われると、まず言えるのは、噛んでるとサラサラと崩れる、卵ボーロをちょっとザックリさせたような歯触り&食感。特に紅茶に(すごく)合いそう。

そして、味付けも素朴ではあるけど素朴すぎない、ホッコリ感のある甘味で、それでいてクドくないのが何よりもの強み。

シンプルで出来がいい、そしてウマイといった、いかにもロングセラーにありそうな条件を満たしているお菓子。

感想を考える大義名分として、次々にかじってたら・・・

スピーディーに平らげてしまった(´・ω・`)

・メーカー:森永製菓
・購入場所:スーパー
・購入価格:158円(税抜き)

原材料と成分表

ムーンライト7

原材料名
小麦粉、砂糖、ショートニング、鶏卵、バターオイル、植物油脂、マーガリン、卵黄、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料、膨張剤、カロテン色素
・内容量:14枚(2枚パック7枚)
・名称:クッキー

ムーンライト8

栄養成分表示(1枚あたり)
エネルギー:43kcal 炭水化物:5.2g
たんぱく質:0.5g ナトリウム:16mg
脂  質:2.2g

ムーンライトソフトケーキ

ムーンライトにはクッキーだけでなくソフトケーキもあった

ムーンライトクッキーの派生商品的なソフトケーキ。

ムーンライトソフトケーキ1

特徴とか

個包装で6個入りの洋菓子。ムーンライトクッキーを練りこんだソフトケーキにバニラクリームがサンドされている、いつものムーンライトとはまた違った感じのお菓子といえそう。

ちなみに、ソフトケーキ中に入っているムーンライトクッキーは1%使用とあるので、多く含まれているのか、あるいはちょっとだけ入っているだけなのか少し判断の難しいところ。

とりあえず、開封!

クッキーの時みたいに端がこんがりしたような焼き上がり感は無いけど、ざらっとした表面の質感や色なんかはムーンライトをそのまま大きくした感じ。

ムーンライトソフトケーキ2

というわけで、食べてみる!

ムーンライトソフトケーキ3

しっとりとした食感で、歯ざわりはふっくらとしてやわらか。クドさの少ない甘味も食べやすくてウマい!!

ムーンライトクッキーの独特のサラサラっとした食感やほっこりした感じは無いものの、甘味にはムーンライトらしさは出ているかなといった感じ。

食べやすさと食べ応えのあるソフトケーキといったところで、コーヒーとの相性も優れモノ。

原材料や成分表のデータ

原材料名
小麦粉、水あめ、植物油脂、砂糖、ショートニング、鶏卵、脱脂粉乳、加糖練乳、乾燥全卵、マーガリン、全乳粉、クッキー、食塩/ソルビトール、酒精、膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)、カロテン色素、調味料(アミノ酸)
・内容量:6個
・名称:洋菓子
栄養成分表示(1個あたり)
エネルギー:124kcal 炭水化物:14.8g
たんぱく質:1.9g 食塩相当量:0.13g
脂  質:6.3g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする