今回のおやつ:味覚糖の「忍者めし ブルーベリー&モリンガ」を食べる!


第238回目のおやつは「忍者めし ブルーベリー&モリンガ

2016年12月26日に発売されてるグミ。

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ1

それにしても・・・

モリンガとはいったい何だ(´・ω・`)?

森に棲んでる、怪しげな生物か何かなんだろうか?

といった疑問がわいてきたんだけど、答えは裏に少し書かれていて、なんと話題のスーパーフードであるらしい。

スーパーフードというと、チアシードやバジルシードなんかはよく聞くけどモリンガは初耳。

具体的には、どんなものかまでは書かれていなかったので、忍者たるもの(忍者じゃないけど)自分で調べろ、という事なんだと思い、一応検索してみる。

まずは画像を検索してみると、出てくるのは葉っぱの画像。食べ物のとかの端っこあたりに、ちょこんと置いとくと写真映えしそうな感じの葉っぱといったところ。(イラストの忍者が持ってる葉っぱ)

そして、スーパーフードというだけあって、成長が早く、栄養価も豊富であるらしい。

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

何だか灰色をしていて、容赦なく地味な見ため。やはり忍者というものは影に潜んだりするためなのか、派手な見ためはご法度なのかもしれない。

そして、においをかいでみると、ベリーの香りが割とハッキリした感じ。

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ3

というわけで、食べてみる!

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ4

つまんではパクッとたべる(`・ω・´)

表面は糖衣みたいな感じで、ちょっとだけ固め。軽めに噛んでカリカリと剥がしたりするのも実は結構好きかも。

食感はハードグミ相応に固めで、コンニャクがなかなか噛み切れないくらいまでに固くなったような食感。コンニャク粉も材料に入ってるけど、やっぱりこの食感と関係あるのだろうか?

そんな感じでガジガジと噛んでると、味がじんわりと染み出てくるのも、忍者めしのもっとも特徴的な要素。意外と濃い目の甘酸っぱいベリー感のある味が見事にウマイ。

けど、モリンガの味は食べたこと無いのもあって、よく分からなかったかも。

実のところ、このシリーズは結構お気に入り。

・メーカー:味覚糖
・購入場所:サークルK
・購入価格:111円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.8点)

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ5

原材料名
砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ブドウ糖、ゼラチン、ポリデキストロース、米粉、水飴、モリンガ葉粉末、濃縮ブルーベリー果汁、こんにゃく粉、澱粉、ビルベリーエキス/酸味料、ゲル化剤(アラビアガム)、光沢剤、ビタミンC、香料、着色料(アントシアニン、クチナシ)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、乳化剤、(一部にゼラチンを含む)
・内容量:20g
・名称:グミキャンディ

忍者めし ブルーベリーアンドモリンガ6

栄養成分表示(20gあたり)
エネルギー:66kcal 炭水化物:16.1g
たんぱく質:1.9g 食塩相当量:0.01g
脂  質:0g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする