今回のおやつ:フルタの「むぎっ子」を食べる!

フルタ むぎっ子1

今回は「むぎっ子」という、非常にシンプルな駄菓子。

ざっと袋に目をやると、ユルいパッケージデザインが何とも駄菓子的なのであった!

ムギチョコ系駄菓子!その名も「むぎっ子

麦のポン菓子にチョコがコーティングされている、まさしくシンプル・オーソドックス・素朴!といった言葉がよく似合いそうな、昔ながら感100%みたいな感じの駄菓子。

麦系のポン菓子というと、ムギムギみたいな牛乳をかけて食べたくなりそうなタイプも思い出すけど、今回のむぎっ子みたいにチョコがコーティングされてるタイプ(ムギチョコという名前の場合が多い)というのも古今東西いろいろあるぞ、といった感じ。

【発売年やメーカー】

見ための昔ながら感だけではなく、実際にも結構なロングセラー品で、その発売は1978年(昭和53年)と、なかなかの昭和菓子なのであった。

そして、メーカーはハイエイトチョコ(もしくはわなげチョコ)ドレミソングチョコセコイヤチョコレートあたりが有名どころなフルタ製菓。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

非常に典型的なムギチョコ。表面はお肌スベスベ・・・じゃないけど、ツヤっとしてる感じ。

フルタ むぎっ子2

というわけで、食べてみる!

さっそく実食(`・ω・´)

フルタ むぎっ子3

そんなに量は無いので、一粒ずつじっくり食べるか・・・あるいは豪快にまとめて食べるか・・・少し迷うところである!(最近は少量菓子は複数買ってくることが多いけど。)

味としては、甘くもありながらも結構ほろ苦めのチョコに、少しモコモコしたようなサクサクしたような歯触りの麦ポン菓子。ツルツル感のあるチョコの固まった感じと、ポン菓子の妙に軽い感じの食感差はこの手のお菓子の面白い所といえそう。

さらに、チョコの苦みが結構しっかりしてるのが、ウマサを盛り上げてる気がする。

そんなこんなで、即座に完食。

まとめ

ムギチョコ全般に言えるけど、歯ざわりが軽くて、チョコとの味のバランスも地味に良かったりして、ついつい口の中に流し込んで一気に食べてしまいそうな感じのお菓子。

オーソドックスでもあるけど、自分としては、麦系のポン菓子は特に好みだったりもするので、手堅く美味しくもあるところ。

・メーカー:フルタ製菓
・購入場所:スーパー
・購入価格:28円

原材料と栄養成分表示

フルタ むぎっ子4

原材料名

砂糖、小麦パフ、植物油脂、乳糖、全乳粉、ココアパウダー、脱脂粉乳、カカオマス、ココアバター、光沢剤、増粘剤(アラビアガム)、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

・内容量:13g
・名称:準チョコレート

フルタ むぎっ子5

栄養成分表示(13gあたり)
エネルギー:63kcal 炭水化物:8.3g
たんぱく質:1.0g ナトリウム:10mg
脂  質:2.9g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ