ファミマのPB菓子:壮関の「ハムカツ風ソースカツ」を食べる!


第324回目のおやつは「ハムカツ風ソースカツ

ハムカツ風ソースカツ1

ファミリーマートのプライベート商品なんだけど、買ったのはサークルK。

サークルKはファミマと統合してるので、お菓子的のラインナップ的には、実質ファミマもサークルKも同じ物なのかもしれない。

よくよく考えてもみると、住んでるところの近辺にファミマとサークルKは片手で数えきれないぐらいあるのに対し、他のコンビニはローソン「遠い」・ミニストップ「遠い」・セブンイレブン「少し遠い」・それ以外「そもそも無い」みたいな感じ。

各種が近辺にバランスよく建ってるとよいかなと思う事も多いかも(´・ω・`)

ハムカツ風ソースカツ2

袋を見てみると、メーカは壮関というところ。あんまり聞いた事ないな、と思ったりしたので軽く検索。

どうやら「そうぜき」ではなく「そうかん」と読むらしく、昆布やワカメ系のお菓子や、乾燥梅的なお菓子、レンコンチップスといったようなお菓子が商品ラインナップに多い感じ。日頃食べないジャンルのお菓子が多かったので、あんまり知らなかったメーカーかも。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

まさにビッグカツタイプといった感じのお菓子。しかしながら縦約5センチ、横約2.5センチといった一口サイズのスモールビックカツ(?)なのであった。

においはウスターソースの香りがガッツリした、まさしくハムカツ風といった感じ。

ハムカツ風ソースカツ3

というわけで、食べてみる!

ハムカツ風ソースカツ4

表面は結構サックリで、なおかつ中身の部分はパリパリとしていて食感はなかなか爽快。駄菓子のビッグカツと比べると、パリパリ感で勝負してくるタイプと言えそう。

そして、エキスという形だけどハム味も付いているので、口当りにはハム感が何となくあり。

見た目はオーソドックスタイプで地味だけど、こういうパリッとしたタイプのカツ菓子は結構好み。

自分の場合、ご飯のおかず一品にコレが紛れ込んでても、違和感なく食べちゃいそうな感じ。

・メーカー:壮関
・購入場所:サークルK
・購入価格:96円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

ハムカツ風ソースカツ5

原材料名
植物油(菜種、パーム)、パン粉、小麦粉、濃厚ソース(大豆、鶏肉、豚肉、もも、りんごを含む)、魚肉すり身、でん粉、香辛料、卵白、植物性たん白、たん白加水分解物、ミートエキス、金華ハムエキス、全卵、食塩、ソルビトール、グリセリン、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、膨張剤、着色料(カラメル、カロチノイド)、増粘剤(加工でん粉、タマリンド)、安定剤(加工でん粉)、酒精、甘味料(カンゾウ)
・内容量:48g
・名称:魚介加工品

ハムカツ風ソースカツ6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:232kcal 炭水化物:25.1g
たんぱく質:5.0g ナトリウム:528mg
脂  質:12.4g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする