今回のおやつ:菓道の「チョコ棒」を食べる!


第391回目のおやつは「菓道 チョコ棒

菓道 チョコ棒1

メーカーは菓道。

菓道のお菓子というと、キャベツ太郎や玉葱さん太郎みたいに名前に太郎が付いてるものが多いけど、今回のお菓子に関しては「チョコ棒太郎」ということもなく、単純に「チョコ棒」なのである!

この手の一袋に何個も入ってるチョコ棒型お菓子の特徴というと、袋を開けて適当に食べてると「まだあるからいいだろうだろう」といったような感じでバクバク食べてたら、気づいた頃には全部食べつくしていた、といった事態が多発することかもしれない。

かくいう自分も、ブログを書く前に「まだあるからいいだろう」と、4本くらいはつまみ食いをしてしまったかも。

といった感じで、ハイペース喰いを気を付けたい気もするお菓子。

菓道 チョコ棒2

とりあえず、開封!

一袋10本入って100円くらいなので、なかなかコスパのいいお菓子ともいえそう。チョコのコストもあるだろうけど、うまい棒などに比べると、一本一本は小さめ。

菓道 チョコ棒3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

名前の通り、チョコの棒。定規で計ってみると長さは約8.5センチ。

表面にちょっとだけ(本当にちょっとだけだけど)ナッツの粒が付いているのもウマミポイントかも。

菓道 チョコ棒4

というわけで、食べてみる!

菓道 チョコ棒5

コーヒーでも飲みつつ実食(`・ω・´)

表面のチョコは、甘味が強く、少しだけほろ苦さのある、よくこういうタイプのチョコ菓子に使われているようなチョコレートと言った感じ。

中身のパフの部分は、うまい棒っぽいけど食感はかなり軽めで、ふんわり寄りなサクサク感くらいの歯ざわり。チョコには合ってるかなといえそう。ナッツはちょっと少なくて、食感をアップさせるほど数は入ってないのもあり、やや力不足くらいの量といえるかも。

オーソドックスなお菓子ともいえるけど、コーヒータイムに食べるにはいい感じなお菓子。

・メーカー:菓道
・購入場所:100円ショップ
・購入価格:108円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.3点)

菓道 チョコ棒6

原材料名
砂糖、植物油脂、コーン(遺伝子組換えでない)、ココア、全乳粉、カカオマス、脱脂粉乳、ピーナッツ、小麦粉、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
・内容量:10本
・名称:準チョコレート

菓道 チョコ棒7

栄養成分表示(1本あたり)
エネルギー:39kcal 炭水化物:4.0g
たんぱく質:0.5g ナトリウム:5mg
脂  質:2.4g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする