今回のおやつ:森永の「ベイク パクチー」を食べる!


第485回目のおやつは「BAKE パクチー

ベイク パクチー1

2017年6月20日発売のお菓子。

ここ一年ぐらいはパクチーが流行っていたりもするんだけど、今回はチョコレート菓子である「ベイク」にまでパクチーの味が進出、といった感じ。

流行りものに流されてはイカン!!といいつつも、少し前にパクチーのタネを買って育ててみたりしているので、自分もしっかり流行りに乗っていたりもするのであった(´・ω・`)

それにしても、そもそもチョコとパクチーって合うんだろうか?

ベイク パクチー2

とりあえず、開封!

中身はトレイに入って10個入り。

ベイク パクチー5

皿に乗せてみる(`・ω・´)

チョコではあるけど、表面が焦げっとしたような質感で、見た感じはクッキーぽくもあるお菓子。においはチョコの香りが強く、まだこの時点ではパクチーの気配はほとんどしないのであった!

ベイク パクチー6

というわけで、食べてみる!

コーヒーでも飲みつつ実食!

ベイク パクチー7

まずは包丁で切ってみた!!

ダブル食感という事で中身はやわらかい感じ。

ベイク パクチー8

表面はチョイ固めで少しカリッとした歯ざわり、そして内部はエアインチョコなどのようなスカッとした空気感のある軽い食感。食感ゆえに口どけ感にもよく、軽く噛んでるだけでもサラサラっと溶けてく感じなのは非常に好みなところ。

チョコはこの手のお菓子相応に甘いけど、甘さを十分カバーできるぐらいのほろ苦さもあり、コクのある風味かなといたところで、コーヒーとも十分マッチ。

そして、パクチーな風味は、クセが強く目立つ存在ではあるんだけど、このお菓子ではチョコのビターさや風味にうまく丸め込まれているのか、思ったほど出しゃばってる感じがなく、後味にある程度感じられるぐらいのパクチーパワー。パクチー味のカップ麺などと比較すると、香りが露骨な感じでは無いので予想外に馴染んでる気がする。

キワモノ感は全く無く、なかなかウマイ!といった好み度。

・メーカー:森永製菓
・購入場所:ファミリーマート
・購入価格:138円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

ベイク パクチー3

原材料名
砂糖、植物油脂、ココアパウダー、全乳粉、脱脂粉乳、カカオマス、麦芽糖、パクチー粉末/トレハロース、乳化剤(大豆由来)、香料
・内容量:10粒
・名称:準チョコレート

ベイク パクチー4

栄養成分表示(1粒あたり)
エネルギー:22kcal 炭水化物:2.0g
たんぱく質:0.28g 食塩相当量:0.004g
脂  質:1.4g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする