今回のおやつ:三幸製菓の「雪の宿 塩すいか味」を食べる!


第493回目のおやつは「雪の宿 塩すいか味

雪の宿塩すいか味1

熱くなり始めると少なからず現れだすものといえば「すいか味」。

すいか味というと、グミやらアイスクリーム、または飲み物などで見かけそうな気がするんだけど、今回のすいか味は「煎餅のすいか味」なのであった!!

なにやらキワモノじみてる気がしてきたけど大丈夫なんだろうか?

・・・でも雪の宿自体は甘い系の煎餅だから、柿の種とか醤油煎餅からすいかの味がしてきたりするわけでも無いので、なんとか妥当なラインとも言えそうな気もするし、言えなさそうな気もしてきた。

ちなみに果物(野菜扱いだったような気もするけど忘れた)のすいか自体は年に1回ぐらいしか食べないけど、すいか味の何かとなると何に5回以上は食べているかもしれない。

雪の宿塩すいか味2

・・・といったところで、

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

雪の宿というと丸い煎餅なイメージだったりするんだけど、今回のはミニサイズなので5センチ×2.3センチぐらいの大きさの、薄く四角いあられ。

そして、いつもの雪の宿は白いコーティングみたいなものがかかっているんだけど、今回は「すいか味」という事で、ピンク色っぽい赤をしているのである!!

つづいて、においを嗅いでみると、すいかの甘い感じの香りといった感じ。しかしながら、なんだかにおいの射程外から見ると明太子味にも見えてしまいそうな外観ともいえそう。

雪の宿塩すいか味3

というわけで、食べてみる!

雪の宿塩すいか味4

コーヒーでものみつつ実食!!

サクサクとした歯触りで、煎餅的なものとしては軽い食感なタイプ。

雪の宿というと、穏やかな感じの甘味を帯びた煎餅といったところなんだけど、その甘味部分にすいか的甘酸っぱさがあり。すいかの味も露骨に強めに付けてある、というよりはどちらかというと軽やか感のある味。

そして煎餅に全体的にうっすらと帯びてる塩味が、割といいアクセントになってるかなといえそう。

「すいか味の煎餅」というと怪しげなオーラを発してそうな気もしてきそうだけど、それほど違和感もない感じの味で意外とウマイといったところ。

・メーカー:三幸製菓
・購入場所:ローソン
・購入価格:108円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.3点)

雪の宿塩すいか味5

原材料名
米(米国産、国産)、砂糖、植物油脂、食塩、脱脂粉乳、ゼラチン、スイカ濃縮果汁、乳糖、乳糖果糖オリゴ糖、デキストリン、生クリーム、脱脂濃縮乳、加糖練乳、加工でん粉、紅麹色素、香料、植物レシチン(大豆由来)、
・内容量:40グラム
・名称:米菓

雪の宿塩すいか味6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:186kcal 炭水化物:30.4g
たんぱく質:1.8g ナトリウム:228mg
脂  質:6.4g 食塩相当量:0.58g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする