【食べたレビュー】湖池屋「スゴーン 海老丸ごと」


第495回目のおやつは「スゴーン 海老丸ごと

スゴーン 海老まるごと1

2017年7月3日発売のお菓子。

2日ほど前に同じくスゴーンの鶏炭火焼味を食べてみたので、今回は「海老まるごと味」を食べてみることに!

関連記事湖池屋の「スゴーン 鶏炭火焼」を食べる!

スゴーン 海老まるごと2

まずはサラっと袋の説明でも見てみると、

伊勢海老、桜海老、甘海老の頭選び抜かれた三種の海老をまるごと粉砕して使用。深い海老味噌の風味までしっかりと絡んだ濃厚な味わいに、焙煎唐辛子をきかせました。

といった感じのスゴーン。伊勢海老とかゴージャス属性をもった生物の名前が出てくる時点でも、雰囲気的に何だかスゴそうな気がしてしまうのであった。

そして、さりげなくベルマークが2.0点なのもちょっとした特徴。湖池屋のお菓子はいつもは1点の場合が多いので、ここらへんもいつもより凄みがある証拠なのかもしれない。

スゴーン 海老まるごと3

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

見た目はいつものスコーンといった感じで、色はややオレンジ。表面にはときおり黒い粒が見られるのも特徴。

開封して思ったのは、ふんだんに使われている証のごとく「エビがリッチに香り高い!!」といったところ。お菓子の周りに海老の香りのフィールドが発生している気がするぐらいの香ばしさであると言えそう。

スゴーン 海老まるごと4

というわけで、食べてみる!

スゴーン 海老まるごと5

牛乳でも飲みつつ実食!!

鶏炭火焼味同様に、お菓子の部分は普通のスコーンと同じかな、といった感じのサイズおよびサクサク感。

そして、口に入れれば甘味のある後を引く旨みの海老味。かなり濃厚感やコク味があって、マヨネーズ付けて食べたら結構エビ味とマッチしそうな気がするぐらいのエビ味の存在感。(エビマヨとかが実は結構好き)

焙煎唐辛子の味は隠し味的な役割なのか、そんなに辛味を帯びてるほどホットではないけど、たまに舌先にピリッと辛さが湧き起こったりするのも良いアクセントかなといった感じ。

パワフルな濃厚さもあって食べ応えのある味で、鶏炭火焼味と比較してみると食べる前の印象とは逆に実はこちらの方が好みだったお菓子。

・メーカー:湖池屋
・購入場所:ローソン
・購入価格:160円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.7点)

スゴーン 海老まるごと6

原材料名
とうもろこし(遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、甘えびエキスパウダー、オキアミエキスパウダー、クリーミングパウダー、食塩、たんぱく加水分解物、香辛料、デキストリン、酵母エキスパウダー、オリゴ糖、えびパウダー(甘えび頭、伊勢海老、桜海老)、調味料(アミノ酸等)、香料、パプリカ色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、えび、大豆、鶏肉、豚肉、豚ゼラチンを含む)
・内容量:70グラム
・名称:スナック菓子

スゴーン 海老まるごと7

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:389kcal 炭水化物:40.5g
たんぱく質:3.9g ナトリウム:449mg
脂  質:23.5g 食塩相当量:1.1g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする