今回のおやつ:菓道の駄菓子「キャベツ太郎」を食べる!

キャベツ太郎1

玉葱さん太郎となんだかワンセット的なイメージのある、ずいぶん昔から存在している駄菓子。

自分としては小さい袋に入ってるタイプのほうが馴染みがあったりもするんだけど、今回は大きい90グラム入りのタイプ。(でも最近は大きい袋の方がよく見かける気もする。)

そして、子供の頃から食べていて、いまだにチラホラと食べてるお菓子のひとつでもあるかも。

キャベツ太郎の特徴

袋には、よくわからないカエルのポリスのキャラが書かれているのが特徴で、昔から袋のデザインはほとんど変わっていないのも記憶にあり。

キャベツ太郎2

・作っているところ

メーカーは製造が菓道で販売はやおきん。

菓道のお菓子には「玉葱さん太郎」や「餅太郎」といった具合に、語尾に太郎が付くお菓子が多かったりするのも特徴のひとつ。

・発売年

発売年は1981年。

他にも1981年に発売されているお菓子というと、赤城乳業のガリガリ君・ロッテの雪見だいふく・ジャパンフリトレーの元祖たこやき亭などがあり。

・パッケージの説明

独特感のある説明もまた特徴のひとつ。

こんにちは。この度はキャベツ太郎をお買い上げいただきありがとう。わたし「キャベツ太郎」は上質なとうもろこしを使用し、ソース、調味料を混ぜ、口当たりのよいかるーいスナック菓子です。もりもり食べてもりもり勉強しよう。通信簿に関係なくおいしいョ!!

キャベツ太郎3

という事で、通信簿に関係なくおいしいらしいので、もりもり食べてみることに。

ちなみに自分の学生時代の通信簿は、もちろん低スコアのオンパレードなのであった!

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

丸型で黄色っぽい一口サイズのスナック菓子。

妙にソースが濃くなってて黒っぽくなってたりするのは、同じく菓道の「どんどん焼」なんかにも共通するところ。また、青のりがパラパラとかかっているのも特徴。

キャベツ太郎4

というわけで、食べてみる!

キャベツ太郎5

さっそく実食!!

ほんのり甘いスナックに酸味のあるソースの味がかかっているのが特徴な駄菓子に近いスナック菓子。歯ざわりは軽くて、コーンスナック相応にスナック菓子としては柔らかめ。

ソースがかかりまくって黒っぽくなってるものが数個に一個ぐらいの割合ではいっていて、そのわざとらしいまでの濃厚さは、もはや「なりふり構わず駄菓子である!」といった感じではあるけど、結構あなどれないウマさだったりもするかも。

といった感じで、飽きずに定期的に食べてたりするお菓子。

あとは値段の割に地味にボリューム感があるので、小腹が空いたときに良かったりもする感じ。

まとめ的なもの

ソースの味がまさしく口当たり良く、酸味の勢いでついついコロコロと口の中に転がっていきそうな「たべさせるパワー」のあるお菓子で、それゆえのロングセラーといったところかも。

また、90g版はボリュームも良い感じにあり、コスパも良いのも長所。

・メーカー:菓道
・購入場所:セリア
・購入価格:108円(税込み)

キャベツ太郎6

原材料と栄養成分表のデータ

原材料名

コーン(遺伝子組換えでない)、植物油、ソース、砂糖、アオサ粉、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、大豆、乳成分を含む)

・内容量:90グラム
・名称:スナック菓子

キャベツ太郎7

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:531kcal 炭水化物:47.5g
たんぱく質:4.6g ナトリウム:482mg
脂  質:35.8g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ