今回のおやつ:ニッポーの「大人のプラチナスティック」を食べる!


第回507目のおやつは「大人のプラチナスティック

大人のプラチナスティック1

「大人のプラチナスナック」というお菓子のスティックタイプといったお菓子で、昔から名前は知ってたけどなかなか見かけなかったお菓子。

しかしながら、ついにヒョロッと100均系のお店で見かけたので、さっそく購入してみた。といった感じ。

「ねんがんの プラチナスティックをてにいれたぞ」というほどには強く求めていたわけでも無いけど、ようやく見つけたお菓子なのであった!

大人のプラチナスティック2

中身はペッパーベーコン・モッツァレラチーズ・明太子といった3種類が1セットになっていて、すべてオルニチンという、しじみ系の食べ物などでよくアピールされている成分が配合。ちなみに明太子味に関しては「かねふく」の名前もあり。

大人のプラチナスティック3

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

棒状のスナック菓子で、見るからに、〇まい棒と方向性が近いタイプ

茶色いのがペッパーベーコン味で、表面に黒胡椒と思われる粒がついているのも特徴。結構ベーコンの香りがよい感じ。

そして、薄黄色いのがモッツァレラチーズ味。なめらかな感じのにおいで、なんだか甘そうな感じもしそうなチーズの香りを放ち、見た目もスッキリした感じ。

オレンジ色のものはもちろん明太子味。意外と甘辛そうなにおいで、他と比べると香りは控えめ。

大人のプラチナスティック4

というわけで、食べてみる!

大人のプラチナスティック5

一応食べ比べとして、う〇い棒のめんたい味も1本用意。

う〇い棒

うま〇棒と比べてみると食感はバリっとした感じで少し固め。特に表面の歯触りがプラチナスティックの方が固まった感じかなといったところ。食べ比べると食感の違いは結構ハッキリわかるかも。

【ペッパーベーコン味】
薄っすらと甘みのあるベーコン味。風味のベーコン感は結構出ている味。胡椒はそこまでピリピリともしていないアクセント。

【モッツァレラチーズチーズ味】 
塩っ気とまったり感のあるチーズ味。後味の伸びが良い旨味が口当たり良く、3種の味の中では1番のマッタリ系といった感じ。

【明太子味】
甘味の効いた味でもありつつ、辛さもなかなかホット。オーソドックスな感じではあるけど、辛味の継続性は結構パンチのある味といえそう。

といった感じで、3種類ちがった味をまとめて食べ比べれるのは、なかなか良かったりもする点でもあるところ。

・メーカー:ニッポー
・購入場所:セリア
・購入価格:108円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  
(ベーコン3.2、チーズ3.3、明太3.3点)

大人のプラチナスティック6

原材料名
●ペッパーベーコン味:コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、植物油脂、砂糖、デキストリン、食塩、たんぱく加水分解物、でん粉、酵母エキスパウダー、粉末油脂、香辛料、小麦粉、オルニチン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素、パプリカ色素)、トレハロース、香料、卵殻Ca、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、甘味料(カンゾウ)、(原材料の一部に乳・大豆を含む)
●明太子味:コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、植物油脂、明太子シーズニング(ぶどう糖、砂糖、食塩、香辛料、でん粉、たんぱく加水分解物、酵母エキスパウダー、明太子パウダー)、小麦粉、オルニチン、調味料(アミノ酸等)、卵殻Ca、香料、微粒二酸化ケイ素、パプリカ色素、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)
●モッツァレラチーズ味:コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、植物油脂、ホエイパウダー、砂糖、チーズパウダー、食塩、脱脂粉乳、乳等を主原料とする食品、小麦粉、酵母エキスパウダー、オルニチン、調味料(アミノ酸等)、香料、卵殻Ca、微粒二酸化ケイ素
・内容量:8g×3本
・名称:スナック菓子

大人のプラチナスティック7

栄養成分表示(ベーコン味)
エネルギー:40kcal 炭水化物:5.4g
たんぱく質:0.5g ナトリウム:74mg
脂  質:1.8g

大人のプラチナスティック9

栄養成分表示(チーズ味)
エネルギー:40kcal 炭水化物:5.2g
たんぱく質:0.6g ナトリウム:86mg
脂  質:1.8g

大人のプラチナスティック8

栄養成分表示(明太子味)
エネルギー:42kcal 炭水化物:5.0g
たんぱく質:0.5g ナトリウム:73mg
脂  質:2.3g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする