今回のおやつ:リスカの「うまい棒 とんかつソース味」を食べる!

うまい棒 とんかつソース味

うまい棒 とんかつソース味1

実は古参のうまい棒

うまい棒の中ではマイナーな味のような気もするとんかつソース味。

・・・のように見せかけておいて、実は昔からあるソース味が名前を変えたものなので、うまい棒の中では古参の部類に入るフレーバー。その発売は1980年。(うまい棒自体の発売年は1979年)

いまさらだけどパッケージのキャラの名前はうまえもん

どうでもいいようでどうでもよくないけど、というか知ってる人も多いだろうけど、パッケージについている「ド〇えもんを手本にとりあえず生まれてきた感じがするキャラ」は「うまえもん」という際どい名前をしているらしい。しかもこのうまえもんには妹がいて、その名は「うまみちゃん」と、さらに際どさを極めた感じの名前。

しかしながらこのうまみちゃんは、黄色いうまえもんだったりするわけでも無く、またガリガリくんとガリ子ちゃんのごとく見るからに情け容赦なく兄妹といったビジュアルでも無く、まるで雪男と雪女ぐらいに別物な見ためをしているのであった!!

・・・といったことはさておき、

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

言わずと知れた、棒状で中に穴が開いている筒形のスナック菓子。穴が開いているのはいざという時に水遁の術に使うため・・・といった可能性はなさそう。

あと、表面に何となく調味料がどっぷりかかってるのもテンションがあがる感じ。

うまい棒 とんかつソース味2

というわけで、食べてみる!・・・その感想は!!

うまい棒 とんかつソース味3

柔らかみと軽みがありつつも、しっかりとした歯ざわりとサクサクとした食感はうまい棒ならではといったところ。

どんどん焼キャベツ太郎を彷彿とさせるような、キリっとした甘味の伴う酸味はチープ感バツグンだったりしつつも、結構ハマる味ともいえそう。

「これぞ駄菓子的なキャッチーな味」というかそんな感じの取っつきやすさのある味で、子どもの頃から変わらずコスパが優秀なのもこのシリーズの良いところ。

といったわけで、2本とも即座に完食。

まとめ

食感よし、味よし、コスパよしといった3拍子揃った駄菓子で、未だなおキングオブ駄菓子の座に居座り続けているのも納得ともいえるのがうまい棒。

10本あったも一気に全部かじりつくしているのも不思議じゃないくらいのウマさといったところ。

・製造者:リスカ
・販売者:やおきん
・購入場所:スーパー
・購入価格:10円

原材料や成分表のデータ

原材料表

うまい棒 とんかつソース味4

原材料名

コーン(遺伝子組換えでない)、植物油脂、ソースパウダー、糖類(砂糖、ぶどう糖)、パン粉、香辛料、たん白加水分解物、トマトパウダー、食塩、かつおパウダー、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース)、(原材料の一部に小麦、乳、大豆を含む)

・内容量:5グラム
・名称:スナック菓子

【成分表:無いタイプ】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ