今回のおやつ:セイカ食品「ボンタンアメ」を食べる!


第535回目のおやつは「ボンタンアメ

ボンタンアメ1

セイカ食品の主要なお菓子であり、その発売年は1926年と駄菓子の中でも超古参な部類に入っているものといえそう。

また、同系別味みたいな感じで、兵六餅やパイナップルアメといったお菓子もあり。

ボンタンアメ2

とりあえず、開封!

横からスライドさせてあけるタイプの箱で、中身は14粒と結構ビッシリ。

ボンタンアメ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

ブロック状で表面は「透明な紙のような何か」で覆い包まれている状態・・・というか、この紙のような何かはオブラートで、実はそのまま食べることも出来るといった、神ような包装用紙(?)なのである。

そして、深みのあるオレンジ色のゼリー、もしくは羊羹みたいな色をしていて、堅さはキャラメルをほんの少し柔軟にした感じかなといった程度。

ボンタンアメ4

というわけで、食べてみる!

ボンタンアメ5

さっそく実食開始!!

口に入れると、まずはオブラートなんだけど、なめると同時にすぐにさらりと溶け出し、そして無味。結構オブラートは好きだったりもするけど、溶けた感じが人によっては苦手な可能性もありそう。

食感に関しては、色違いのキャラメルみたいな見ためをしているものの、噛むとクニャクニャッと餅のような弾力があり、噛み初めは特にキャラメルよりも柔らかいかなといった印象。食感としては飴というよりは餅に近いかもしれない。

そして、みかん系の味ではあるけど、酸味はそれほど強くなく、後味に柑橘らしさがじわっと出てくる味で、バランス的にも甘味の方が強め。原材料をみてみるとボンタン果汁と温州みかん果汁が使われているとの事ではあるけど、果物としてはボンタンって食べたことが無いのもあり再現度はちょっと不明。

いかにも駄菓子である、といった食べ応えだけど、ロングセラーなだけあって飽きずに食べれるタイプのお菓子といったところ。

「意外と好き」といった感じの好み度。

ロングセラーな駄菓子


楽天市場でさがす

・メーカー:セイカ食品
・購入場所:スーパー
・購入価格:120円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

ボンタンアメ6

原材料名
水飴、砂糖、麦芽糖、もち米、オブラート、濃縮温州みかん果汁、ボンタン果汁、でん粉、香料、アナトー色素、乳化剤、(大豆由来)
・内容量:14粒
・名称:飴菓子

ボンタンアメ7

栄養成分表示(14粒当り)
エネルギー:238kcal 炭水化物:58.8g
たんぱく質:0.8g ナトリウム:0mg
脂  質:0g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする