ポルトガルのお菓子:ダネジタ「アップルシュトゥルーデル風クッキー」を食べる


第545回目のおやつは「ダネジタ アップルシュトゥルーデル風クッキー

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー1

なんだか久々の海外もののお菓子。

という事で、今回はダネジタというポルトガルのメーカーのクッキー。メーカのロゴにはSINCE1978と書かれているのが特徴。

ところでシュトゥルーデル(Strudel)とは一体何なのであろうか?といった感じなので、サラッと検索してみると、詰め物を幾層にも巻いた甘いお菓子とあり、オーストリアやドイツのお菓子であるらしい。シュトゥルーデルに関しては、たまたま名前だけは知ってたりもしたけど、何かまでは知らなかったぐらいなのもあって、もちろん食べたことは無いのであった!

なのでシュトゥルーデル風とあっても、その再現度に関しては分からないかも(´・ω・`)

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー2

とりあえず、開封!

結構横長のパッケージを開封。150グラム入りでなかなか多めのボリュームといえそう。

皿に乗せてみる(`・ω・´)

こんもりとした厚みのあるクッキーで、ところどころにレーズンが見られるいでたち。袋によると、りんご3パーセント・レーズン13パーセント・りんご香料使用とあり、シナモンも使われているとのこと。

実際ににおいもシナモンやリンゴの香りも感じられ、さらにレーズンの甘酸っぱい香りもしてくるので、結構奥行きのある感じのフルーティーな甘い香り。

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー3

というわけで、食べてみる!

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー4

コーヒーでも飲みつつ実食!!

少しシットリさというかふんわり感のある、クッキーとしてはやわらかめの歯ざわり。単純に柔らかいというわけでもなく、少しザックリ感もあり。どことなく菓子パンっぽさもあるクッキーで、クッキーだけどパン属性も少し付与してそうな食感ともいえそう。

そして、味付けはというと、砂糖の甘さでごり押ししてこないタイプの、よい感じにあっさりした甘さで、後味にはリンゴの感じられる風味。甘さの優しめなクッキーではあるけど、レーズンの甘ずっぱさがアクセントといった感じで、バランスのとれた口当たりといったところ。 

粉感はパラパラこぼれるほどにあるので、飲み物と一緒に食べるのがベストなクッキー。

実は結構コスパも良かったりするのも長所。

・輸入者:西友プロキュアメント
・購入場所:西友
・購入価格:158円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.6点)

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー6

原材料名
小麦粉、砂糖、植物油脂、レーズン、オーツ麦粉、りんご、高果糖液糖、米粉、食塩、シナモン、膨張剤、香料、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料
・内容量:150グラム
・名称:クッキー

ダネジタアップルシュトゥルーデル風クッキー7

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー:462kcal 炭水化物:66.9g
たんぱく質:4.5g 食塩相当量:0.63g
脂  質:19.0g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする