今回のおやつ:湖池屋「プライドポテト 幻の芋とオホーツクの塩」を食べる!

湖池屋「プライドポテト 幻の芋とオホーツクの塩」

実は300円くらいするポテチ

プライドポテトシリーズの新商品で、2017年10月30日に発売されているポテトチップス。

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩1

そのゴールドのパッケージもさることながら、何とこれ、お値段300円ぐらいと、結構気合の入った価格帯。

といったわけで、ややもすれば道の駅とかで売ってるようなご当地もののポテトチップにも匹敵しそうな金額ともいえそう。

なにげにコンビニで見かけるカップ麺でも300円に達すると結構高めと言えるので、そのゴージャスさはかなりのモノかも。

カロリーとか特徴とか

まずはカロリー。カロリーは1袋73gあたりに対して412kcal。ポテチ相応なカロリー量といったところかも。

そして、最大の特徴としては「今金男しゃく」という希少なイモが使われている事。国内生産量の0.3%ほどしか作られていないらしく、レアモノなジャガイモであるらしい。

さらには数量150万袋の限定商品で、地味にベルマークが3.0点ついてるのも特徴。

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩2

今金男しゃくというイモ

「いまきん」ではなく「いまかね」と読むジャガイモで、男爵の爵がなぜか平仮名なのも特徴・・・なのかも。

自分としては初めて聞くイモネームなので、袋の説明を見てみると・・・

その希少性から、幻のじゃがいもと呼ばれる北海道産の「今金男しゃく」をポテトチップスに。

その甘味ゆえに、焦げやすく揚げることが難しいとされる最高級品質の男爵いも

といった感じ。

また、この「今金」というのは北海道の南西部にある人口は5000人ほどの町で、今金男しゃくの産地。

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩3

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

ノーマル・オーソドックス・シンプル!!といった路線を貫いてるかのような、飾り気のない感じのみためで、まさしく塩味であるぞといった感じ。

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩4

食べてみた感想!!

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩5

さっそく食べてみる。

第一印象的には、シンプルな塩味で攻めてくる正統派。

また、食感としてはパリッと感がハッキリとした歯ざわりで、サクサク感は強めな印象。

味的には、塩辛すぎず薄すぎずなバランスの味付けがよい感じ。

そして何よりも特徴的なのは、ジワリとしたイモ感ある甘味が噛むほどに出てきて、普通のポテトチップと比べて後味に差が出てくる味。

いも自体にもそれなりに味があるので、シンプルな塩味でも十分ウマイ味といったところ。

・メーカー:湖池屋
・購入場所:スーパー

原材料や成分表のデータ

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩6

原材料名
馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、でん粉分解物、食塩/調味料、(アミノ酸等)
・内容量:73グラム
・名称:スナック菓子

プライドポテト幻の芋とオホーツクの塩7

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:412kcal 炭水化物:40.4g
たんぱく質:3.5g 食塩相当量:0.6g
脂  質:26.3g

プライドポテト系関連記事

第一弾のプライドポテト
関連記事「湖池屋プライドポテト 松茸香る極みだし塩」を食べる!
関連記事「コイケヤ プライドポテト 秘伝濃厚のり塩」を食べる!
関連記事「プライドポテト 魅惑の炙り和牛」を食べてみた!
第ニ弾のプライドポテト
関連記事「プライドポテト 柚子香るぶどう山椒」を食べる!
関連記事「プライドポテト 長崎 平釜の塩」を食べる!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする