今回のおやつ:「カキタネカフェ ミルク&いちご チョコミックス」を食べる!

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス1

チョコのついた柿の種というのは割と昔からあるような気もするけど、今回のはさらにいちごの要素までもが加わってきた!!といった感じのお菓子。

色物度がアップしているのか、それとも意外に美味かったりするのかが、どうにも気になるところ。

特徴とか

いちごのチョコ味という「柿の種の風味とは対極的っぽい感じの存在」が、あえて入ってたりするのが最大の特徴。チョコの時点でも随分だけど、チャレンジ精神旺盛なお菓子なのかもしれない。

そして、内容量は35gで、カロリー177kcal。やや小さ目の袋に入ってるので、ボリュームとしてはそこまで多くないかなといった感じ。

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

しかし2つほど割れてる(´・ω・`)

見た目は柿の種のチョコ包みなんだけど、いちごというだけにピンクの物も出現!!

いちごに関しては、なんだか未知な要素も多少あるけど、バランス的に合ってるんだろうか?とも心配になりそうかも。ちなみに皿に乗っている分で1袋全部。

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス3

というわけで、食べてみる!

「コーヒによく合う」と、さりげなく袋に書かれているので、コーヒでも飲みつつ実食!

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス4

気になってるのもあって、まずはいちごチョコから食べてみる事に・・・。

結構甘酸っぱいタイプのいちごチョコで、中身のあられ感はこの甘酸っぱさにウマい具合に包み込まれているバランスといった感じ。

続いて普通のチョコ味。ほろ苦さがビシッと効いてるしまりのあるチョコ味で、柿の種ともうまくミスマッチした味。でもいちごの味が移ってる気がするのは気のせいだろうか?

そしてさらに2種類同時に食べると、ほろ苦さ・いちごの甘酸っぱさ・チョコの甘さ・あられ感などが全て同時に味わえるため、結構カオスな味。といいつつも、甘酸っぱさががときどき怪しげな感じになる事を除いては意外と普通に食べれるのもまた不思議なところかもしれない。

意外と悪くないかな、といった好み度。

・メーカー:亀田製菓
・購入場所:セブンイレブン
・買った値段: 149円(税込み)

原材料や成分表のデータ

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス5

原材料名

砂糖、米(国産)、でん粉、全乳粉、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳糖、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、脱脂粉乳、水あめ、いちごパウダー、カツオ節エキス、たんぱく加水分解物(卵・小麦・大豆・鶏・豚を含む)、食塩、こんぶエキス、光沢剤、乳化剤、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、紅麹色素、酸味料、ソルビトール、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、パプリカ色素、カラメル色素、香料、香辛料抽出物

・内容量:35g
・名称:チョコレート菓子

カキタネカフェ ミルクアンドいちごチョコミックス6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:177kcal 炭水化物:23.4g
たんぱく質:2.0g ナトリウム:81mg
脂  質:8.4g 食塩相当量:0.21g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ