今回のおやつ:フリトレーの「元祖たこやき亭」を食べる!

元祖たこやき亭1

自分としては、何となくキャベツ太郎のライバル的なポジションとして認識してしまいがちなお菓子。(一応似たようなのだと、他にもテキサスコーンというお菓子も存在しているけど)

実際にキャベツ太郎が食べたいタイミングと、元祖たこやき亭が食べたくなるタイミングがあったならば、多分それは同時にやって来そうな気がするのであった!

このお菓子の特徴とか

元祖たこやき亭2

・ロングセラー!たこやき亭の発売年

元祖たこやき亭が発売されたのは1981年(昭和56年)で、実はキャベツ太郎が発売された年と同じ。実に35年以上に渡るライバルなのかもしれない!

・たこやき感がいかにも出そう!オタフクソースの使用

そして、袋によると「タコ焼」きというだけに、オタフクソースが使用されているのも特徴(実際はオタフクソースというとお好み焼きを思い出したりもするけど)。

ちなみにオタフクソースもかなりのロングセラー商品で、1952年の発売。

・内容量やカロリーなどのボリューム

内容量は58gと袋入りの同サイズのポテトチップより同量~やや軽めではあるけど、1粒あたりの重量が軽い感じのお菓子なのもあって、結構ボリュームはあるかなといった感じ。さらにカロリーは1袋あたりで319kcalといったところで、ここらへんはスナック菓子相応かなといった数値。

・ローソンのPB版もある

元祖たこやき亭にはローソンのPB(プライベートブランド)商品版もあり、内容量・原材料・カロリーともに通常版と一緒なので、実質的にパッケージ違いかなといった感じ。

元祖たこやき亭ローソン版

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

コロコロとした丸っこい俵型で、青のりがパラパラと表面についたコーンパフタイプなスナック菓子といったところ。匂いを嗅いでみると、甘さと酸味のホワッとくる感じのソースの香りが良い感じ。

また調味料の濃厚さがあったりするところや、形も結構近い所もあって、やはりキャベツ太郎のライバル菓子だな!と思ったりもするところ。

元祖たこやき亭3

というわけで、食べてみる!

元祖たこやき亭4

牛乳でも飲みつつ実食!!

コロコロと口の中に転がり込んでくる1口サイズの食べやすさで、コーンパフ的なお菓子なので食感は軽め。

甘味と酸味のあるソースの味がかなり口当たりよく、特に後味に出てくる酸味が確実にウマイ!

一口食うと、また甘酸っぱいソース味が食べたくなって、また一口。と繰り返しているうちに、いつの間にか食べつくしているパワーのあるお菓子といえそう。

まとめ的なもの

とっつきやすい味のお菓子で、さらに安かったりするのもあって、自分としては結構飽きずに食べられる味。

そんな感じで、キャベツ太郎同様、昔ながらのお菓子でありながらも、なんだかよく食べたくなるお菓子の代表格といったところ。

・メーカー:ジャパンフリトレー
・購入場所:スーパー
・買った値段:88円(税抜き)

原材料や成分表のデータ

元祖たこやき亭5

原材料名

コーン(遺伝子組換えでない)、植物油、粉末ソース(オタフクソース)、砂糖、トマト風味パウダー、食塩、たん白加水分解物、小麦粉、アオサ、粉末酢、香辛料、粉末鰹節、たこパウダー、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、酸味料、甘味料(スクラロース、ステビア、カンゾウ)、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、大豆、鶏肉、りんごを含む)

・内容量:58g
・名称:スナック菓子

元祖たこやき亭6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:319kcal 炭水化物:33.4g
たんぱく質:2.7g ナトリウム:418mg
脂  質:19.4g 飽和脂肪酸:7.9g
糖  類:2.3g 食塩相当量:1.1g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ