今回のおやつ:明治の「チョコレート効果カカオ95%」を食べる!

チョコレート効果カカオ951

実のところこのお菓子(95%のもの)、かなり好みが分かれるので、おやつとしては人を選びそうなお菓子と言えるかも。

このお菓子特徴とか

ハイカカオのチョコレートの中でも特にパーセンテージの高い95%という数値なのが最大の特徴。

「強い苦み」とすでに箱に書かれていて、さらには「非常に苦いチョコレートです」といった注意書きまで付いているのであった!

注意書きというと、激辛系のポテトチップやらカップラーメンでアピール的に付いてたりするパターンが多かったりもするけど、これの場合はガチな注意書きともいえそう。

チョコレート効果カカオ952

とりあえず、開封!

箱を開封!個包されており、そのひとつひとつは結構小さ目な一口サイズ。

チョコレート効果カカオ953

皿に乗せてみる!!

一応一口サイズの大きさで、色はかなりの黒め。そして、匂いはかなりビターなチョコレートといったところ。

チョコレート効果カカオ954

というわけで、食べてみる!

さっそく実食(`・ω・´)

チョコレートとはひたすらスイートなモノである!!という観念を打ち払うかのように甘味はほぼ無く・・・

チョコレート効果カカオ955

苦酸っぱい!

ハイカカオなチョコだと「ほろ苦くてウマイ!」という場合も多いけど、これに関しては「もろ苦くてキツイ!」といった感じ。

初見だと人によってはショッキングな味に感じるかも。

ただ、チョコレートのコクは強烈にあり、後味にもしっかりと留まるのもまた特徴で、余韻たっぷり。(苦みも残るけど)

これを食べるのは3回目だったりするので、ある程度慣れてきてるけど・・・自分としてはぶっちゃけ苦手な味。

というわけで、チョコとしてはかなりエッジのかかったマニアックな味なので、好みは大きく分かれるかなといったところ。

甘味を抜いてコクと酸味と苦みに特化してるので、甘味のサポートが無くても問題ない人なら合う可能性は高そう。また、こういうのは好きな場合は凄くハマるタイプの味と言えるので、一回ぐらいは試してみる価値はあるかも。

・メーカー:明治
・買った場所:スーパー

原材料や成分表のデータ

チョコレート効果カカオ956

原材料名

カカオマス、ココアパウダー、砂糖、ココアバター/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

・内容量:60g
・名称:チョコレート

チョコレート効果カカオ957

栄養成分表示(1箱あたり)
エネルギー:368kcal 炭水化物:17.0g
たんぱく質:8.9g -糖質:7.0g
脂  質:31.6g -食物繊維:10.0g
食塩相当量:0g
カカオポリフェノール:2088mg
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする