今回のおやつ:リスカの「うまい棒 チョコレート」を食べる!

うまい棒チョコレート1

いろいろな味のあるうまい棒だけど、今回はチョコレートタイプ。

チョコレート味というよりは、チョコレートに包まれたうまい棒なのであった!!

このお菓子の特徴とか

他のうまい棒と異なり、袋の大きさが見るからに小さめ。チョコの分コストがかかっているので本体はやや小さ目という事なのかもしれない。

そしてうまい棒としては実は意外と古参で、その発売は1982年とかなりのロングセラー。しかしながら、夏の間はチョコが溶けるので売られていないとの事らしい。

うまい棒チョコレート2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

うまい棒としては小さいけど、代わりにチョコで全身包まれているのが特徴。リスカには徳用チョコというお菓子もあるんだけど、タイプとしてはそれに非常に近かったりもするかも。(実は同じ・・・かどうかは不明)

うまい棒チョコレート3

というわけで、食べてみる!

うまい棒チョコレート4

コーヒーでも飲みつつ実食!!

表面のチョコの食感と、中身のサクっとした歯ざわりのコンビネーション的なものが妙にテンションを上げてくるのもあり、食感だけでも3~5本くらいはいけそうな感じ。

そして、チョコは結構甘味が強いものの、比率としてはコーンパフの割合の方が多いので甘すぎる感も無く、スムーズに食べたくなるバランスのウマさの一つといったところ。

一本当たりの量は少ないので、何本かあっても割とすぐに食べきってしまう食べ応えの良さともいえそう。(しかしながら徳用チョコだと問答無用で短期全食いもあり得るので、一本ずつしまっておけるうまい棒チョコレートの方が食べ過ぎなさそうな利点もありそう)

シンプルだけどハマリやすい味のうまい棒。

・メーカー:リスカ
・購入場所:スーパー
・買った値段:10円

原材料や成分表のデータ

うまい棒チョコレート5

原材料名

砂糖、植物油脂、コーン、全粉乳、カカオマス、ココア、パン粉、小麦粉、脱脂粉乳、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料

・内容量:1本入り
・名称:準チョコレート

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ