今回のおやつ:明治の「ホルン ミルクショコラ」を食べる!

ホルンミルクショコラ1

チョコレート菓子系で特に好きなのを思い出してみると、すべからく思い出してしまうお菓子といえばホルン!!

という事で、今回はホルンのミルクショコラ味。

このお菓子の特徴とか

ホルンシリーズも地味に昔からあるな・・・と思ったので、ただちに調べてみると、その発売は1998年(平成10年)と、結構ロングセラー。

さらに箱をサラッと見てみると、「カカオ香るホイップショコラをくちどけエアリーな発酵バターラングドシャで包み込んだ」といった説明。

たしかにラングドシャはエアリーな感じがウマかったりするので、非常に好きなクッキーだったりもするかも。

ホルンミルクショコラ2

とりあえず、開封!

箱を開けてみると、個包装で8個入り。

ホルンミルクショコラ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

Uの字に曲がったラングドシャにチョコがみっしり詰まったお菓子で、横側にもフタのごとくチョコが付いてるのもウマそうな要素なのである!

ホルンミルクショコラ4

さっそく、食べてみる!

ホルンミルクショコラ5

コーヒーでも飲みつつ実食!!

まずは横のクッキーがラングドシャなので、噛んだ時のサックリとした食感がひときわ良いのが第一印象。

そして、中身のチョコレートにはクリーミーさと滑らかさも良い感じにあり、ラングドシャとバッチリと親和しているのも良いところ。

また、結構甘さはあるけど、過剰に甘いような感じでも無く、コーヒーとも非常に相性のいい甘味具合。

ゆったりと食べたい味でもあるけど、結構次から次へと食べたくなるお菓子でもあるかも。

といった感じで、ハイクオリティーさのある、非常に好み度高めなシリーズといったところ。

・メーカー:株式会社明治
・購入場所:スーパー
・買った値段:170円(税込み)

原材料や成分表のデータ

ホルンミルクショコラ6

原材料名

砂糖、全粉乳、カカオマス、植物油脂、加糖卵白、小麦粉、ショートニング、ココアバター、ラクチトール、脱脂粉乳、発酵バター、乳糖、ココアパウダー、アーモンドパウダー、加糖卵黄、デキストリン/乳化剤、カラメル色素、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

・内容量:8本
・名称:チョコレート菓子

ホルンミルクショコラ7

栄養成分表示(1箱あたり)
エネルギー:309kcal 炭水化物:28.4g
たんぱく質:4.5g 食塩相当量:0.1g
脂  質:19.7g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする