今回のおやつ:ヤガイの「ペンシルカルパス」を食べる!

ヤガイ ペンシルカルパス1

子供の頃から定期的に食べてるような気がするお菓子のひとつ。

そして数ある駄菓子の中でも、いかにも大人買いされてそうなお菓子のひとつでもあるかも。(ボノボンとかもレジの前に並んでいる人とかが大量購入してるのをチラホラ見かけるけど)

というわけで、今回はカルパスを大人買い(・・・というほどでも無く実際は4個購入)してきたのであった!

ヤガイペンシルカルパスの特徴とか

気軽に食べられるサイズ感で、1本30円ぐらいで買えるのもスバラシイ特徴かもしれない。

ヤガイ ペンシルカルパス2

・駄菓子的カルパス

何だかカルパスとかドライソーセッジって、一本100円ほどで売ってるモノはお菓子として認識することはまず無いけど、反面、この手のペンシルカルパスは昔から駄菓子屋で売られており、また現在でも普通にコンビニやスーパーのお菓子コーナーに置かれてたりもするので、「ペンシルカルパスというと、やっぱり駄菓子だよな」と言ったイメージ。

また、子供の頃は駄菓子の中でもかなり好きなものの上位にランクインしていたかも。

・メーカー

作っている会社は山形県の株式会社ヤガイで、昭和49年の設立。

ヤガイというとペンシルカルパスかおやつカルパスといった感じではあるけど、自分としてはペンシルカルパスのほうが圧倒的に食べてる回数が多かったりもするので、やはりペンシルのほうが馴染み深い存在といえそう。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

手軽に食べきれるサイズの長さで、短すぎず長すぎずなサイズ感が魅力と言えそう。

写真用に皿に乗っけたりもしてるけど、実際は袋をむいてサクっとそのままカジれる「ながら食い」の王者みたいなお菓子なのである!

ヤガイ ペンシルカルパス3

とりあえず、食べてみる!

ヤガイ ペンシルカルパス4

さっそく実食!!

塩味の効いたシンプルな味付けのバランスの良い、クセの少ないドライソーセージで、食べやすく口当たりが非常に良いのが長所。

また、パッケージの端を開けて食べる時、食べ始めの端っこが微妙にオイリーな感じになってるのが好きだったりもするかも。

といった感じで、もうちょっと買っとけばよかったなと思いつつも4本完食。好きな人なら10本ぐらいは一気に消費できるウマサを秘めているので、とにかく食べすぎ注意なお菓子ともいえそう。

「大人になってからあまりお菓子を食べなくなったけど、ペンシルカルパスはまだ食べてるよ」、という人は案外多いかもしれない。

・メーカー:ヤガイ
・購入場所:ローソンストア100
・買った値段:28円(税込み)

原材料や成分表のデータ

ヤガイ ペンシルカルパス5

原材料名

畜肉(豚肉・牛肉)、鶏肉、豚脂肪、結着材料(でん粉、大豆たん白)、糖類(麦芽糖、砂糖)、食塩、香辛料、豚コラーゲン、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na,K)、pH調整剤、紅麹色素、酸化防止剤(V.C)、保存料(ソルビン酸K)、発色剤(亜硝酸Na)

・内容量:7g
・名称:ドライソーセージ

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ