今回のおやつ:ブルボンの「シルベーヌ」を食べる!

シルベーヌ1

昔からあるお菓子ではあるものの、シルベーヌを食べるのは初めてかも。

このお菓子の特徴とか

内容量は6個入り。

意外とロングセラーな昭和の頃からのお菓子

シルベーヌが発売されたのは1982年(昭和57年)。レトロ感がそれほどないパッケージデザインなのもあって、思ったよりも昔からあるお菓子だなといった印象もあるかも。

シルベーヌ2

とりあえず、開封!

箱を開けてみると、プラスチックトレイに6個入っている仕様。

シルベーヌ3

皿に乗せてみると、なかなか高級っぽい見ため。

チョコレートにどっぷりと包まれた一口サイズより少し大きいぐらいのミニケーキで、上側にはコーヒー豆のような形をした粒が飾り付けのような感じで、一粒ポツリと乗っかているのであった!この粒は一体何だろうか?

匂いをかいでみると、ビター感のあるチョコの香りがふんわりと漂ってくるのがウマそう。

シルベーヌ4

というわけで、食べてみる!

包丁で切ってみた!

シルベーヌ5

コーヒーでも飲みつつ実食(`・ω・´)

中身はスポンジケーキで風味・食感ともにふんわり感あり。チョコのコーティングの少しパリっとした後に中身の部分のフニっと柔らかいのが来るのが、この手のお菓子のよいところ。

そして、上側のコーヒー豆のような形をしたものは、実はコーヒー豆ではなく、少しフルーティーな酸味のある味。どうやらレーズンチョコであるらしい。

ほろ苦さの利いたチョコとふんわりとしたケーキとアクセント的に酸味のあるレーズンチョコのバランスはよく、コーヒーや紅茶には非常にマッチするタイプのお菓子と言えそう。

小さいので食べやすいのもあって、ついつい一気に食べてしまったお菓子。

・メーカー:ブルボン
・購入場所:スーパー
・買った値段:257円(税込み)

原材料や成分表のデータ

原材料表

シルベーヌ6

原材料名

砂糖、小麦粉、液全卵、植物油脂、カカオマス、ショートニング、全粉乳、レーズンチョコ(乳成分を含む)、食用加工油脂、水飴、異性化液糖、加糖練乳、洋酒、ココアバター、ココアパウダー、還元水飴、液卵黄(卵を含む)、クリーム(乳成分を含む)、バター、乳糖、食塩/ソルビトール、酒精、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料(乳由来)、光沢剤、着色料(アナトー、ウコン)

・内容量:6個
・名称:チョコレート菓子

成分表

シルベーヌ7

栄養成分表示(1個あたり)
エネルギー:102kcal
たんぱく質:1.3g
脂  質:6.4g
-飽和脂肪酸:3.5g
炭水化物:10.0g
-糖質:9.4g
-食物繊維:0.04g
食塩相当量:0.04g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ