懐かしいカルビーの復刻版菓子「グリルビーフ」を食べる!

グリルビーフ1

今回のおやつ:カルビーの「グリルビーフ」(復刻)

なにげに「グリルビーフって、まだあったのか?」と思って、よく見てみると、実は復刻バージョン。

「1980年代のヒット商品を復刻」とあるので、実際にいつ頃出ていたのか調べてみると、どうやら1987年から1993年までの発売と、今一つロングセラーになれなかった感じの発売期間なのであった。

実のところグリルビーフって、自分としては、昔よく食べていながらもスッカリ忘れていた存在かもしれない。

このお菓子の特徴とか

内容量は70g。

またグリルビーフもまた「エスニカン」と同じく、今回だけでなく過去にも復刻されていた事もあるらしい。

今回のおやつ:カルビーの「エスニカン」を食べる!
エスニカンというと、ずいぶん昔にあったお菓子で、かすかに記憶にあったりもするんだけど、今回のものはその復刻版。当時のものは食べたことが無いか、食べた事があっ...
グリルビーフ2

袋によると「牛肉のコクと風味で仕上げた懐かしの味」で、そのパッケージと味は1987年当時のものを再現しているぞ、といった感じ。

グリルビーフ3

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

色合いはオーソドックスなポテチに、茶色い調味料的な粒がポツポツとしている見ため。

グリルビーフ4

というわけで、食べてみる!

グリルビーフ5

牛乳でも飲みつつ実食!!

甘さと酸味と旨味とピリ辛さと塩辛さみたいな感じで、いろんな風味の混じった味わい。昔のグリルビーフも確かにこんな感じの味だった覚えがあるかも。

ビーフっぽくない、と思ったらビーフの風味がして来たり、甘いと思ったら酸味がしてきたり、酸味がすると思ったらしょうゆっぽい塩辛さが出てきたりと、なんだかよく分からない感じがグリルビーフの好きだったところ。

ポテチの食感は今風になってるけど、味はだいたい再現されてるかもしれない。

昔食べてた人には、懐かしい味。

・メーカー:カルビー
・購入場所:セブンイレブン
・買った値段:141円(税込み)

原材料や成分表のデータ

原材料表

グリルビーフ6

原材料名

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、食塩、デキストリン、ビーフパウダー(小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、コーンスターチ、粉末しょうゆ、酵母エキスパウダー(乳成分を含む)、オニオンパウダー、調味動物油脂、香味油、ジンジャーパウダー / 調味料(アミノ酸等)、香料(ごまを含む)、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物

・内容量:70g
・名称:ポテトチップス

成分表

グリルビーフ7

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:386kcal
たんぱく質:3.9g
脂  質:24.1g
炭水化物:38.3g
食塩相当量:0.9g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ