今回のおやつ:リスカの「スーパーBIGチョコ」を食べる!

スーパーBIGチョコ1

「長くて平たいお菓子」というと思い出すのはコレ。

このお菓子の特徴とか

スーパーBIGチョコ2

リスカのスーパービッグなお菓子で、袋によると「サクッサクッ!とまろやかチョコ」であることが特徴。

ついでに袋の長さを計ってみたりもすると、ほぼ30センチといった横長さ。

【パッケージの説明】

粒よりピーナッツを食べやすくチョコレートにブレンド。サクサク、スナックをおいしくつつみました。リスカならではのビックチョコ。丸ごとかじってビックな気分をお楽しみ下さい。

といったパッケージの説明内容。

3

【発売年】

発売年は不明。スーパーBIGチョコによく似たタイプのお菓子であるフルタの「どでかば~」は1986年の発売なので、そこらへん前後なのかなと何となく予想。

【内容量やカロリー】

内容量は一枚入りで185kcal。見ためのボリューム感はよい感じにあり。

とりあえず、開封!

といったわけで、さっそく開けてみる事に。

・皿に乗せてみる

この手の長いお菓子は折れてたりするのも宿命だったりもするけど、今回は無事に折れていない!

また、長いのもあって、皿にのりきらねぇというのはよくあること。

平たい板状をしており、表面はチョコでコーティングされているお菓子で、さらにはピーナッツの粒がところどころ入っているのが特徴的でもあるかも。

スーパーBIGチョコ4

というわけで、食べてみる!

スーパーBIGチョコ5

といったわけで、早速実食!!

・切ってみた

中身はサックリとしたパフで、食感の軽さが期待できそう。

スーパーBIGチョコ6

・味などの感想

少しほろ苦さのきいた甘いチョコに、サクサクとした歯ざわりの軽さのあるコーンパフ。

チョコやパフが同じような味としては、徳用チョコやうまい棒のチョコと味的にはおおむね同じような感じではあるものの、ピーナッツがちょくちょくと食感をだしてくるので、食感的には徳用チョコとかに比べて、ちょっと良かったりもする一面もあるかなといったところ。

まとめ的なもの

お手軽で食べ応えのあるのが長所で、コスパも駄菓子価格なので良好な感じ。

サクッとした食感とピーナッツの食感。さらには板状のお菓子をパキっと折るような食感もあったりするので、口当たりかなり良く、一気に食べたくなるようなお菓子。

・メーカー:リスカ
・購入場所:ローソンストア100
・買った値段:54円(税込み)

原材料や成分表のデータ

スーパーBIGチョコ7

原材料名

砂糖、植物油脂、コーン(遺伝子組換えでない)、全粉乳、ピーナッツ、カカオマス、パン粉、脱脂粉乳、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料、(原材料の一部に小麦を含む)

・内容量:1枚入
・名称:準チョコレート

スーパーBIGチョコ8

栄養成分表示(1枚あたり)
エネルギー:185kcal 炭水化物:23.7g
たんぱく質:2.6g ナトリウム:40mg
脂  質:8.9g 食塩相当量:0.1g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ