原産国ベルギーのお菓子「ロータス オリジナル カラメルビスケット」を食べる!

ロータスビスケット201

今回のおやつ:ロータスビスケット!!

ロータスビスケット202

ファミリーマートで購入したお菓子で、原産国はお菓子の美味い国(のようなイメージのある)ベルギー。

ロータスビスケット自体は、よく行く喫茶店でコーヒーについてきたりするので、今回パッケージ入りのを買ってみたのは初めてながらも、意外と食べてる回数は多かったりもするビスケットだったりもするのであった。

このお菓子の特徴とか

ロータスビスケット204

量や入ってる個数はいろいろなバリエーションがあるけど、今回は1袋2個入りのものが8パック入っていて、内容量は124g入っているタイプ。

ロータス カラメルビスケット2

ボリュームやらカロリーやら

シンプルな包装に割ときっちり入っているため、ボリューム的には結構よい感じ。

そしてカロリーは100gあたり481kcalとなっているので、1袋124gに換算してみると596.44kcalといった感じ。

メーカー

製造会社のロータスはベルギーにて1932年に創業されているメーカー。ということで、ロゴにも「Since1932」の文字もあり。

ロータスビスケット203

とりあえず、開封!

こんな感じで2枚が重なってる状態。

ロータス カラメルビスケット3

四角くて細長いシンプルタイプのビスケットで、シナモンの香りが非常にうまそう。

またビスケットとしては、見た目に対して持ってみた時の重量感があるのも特徴かも。(実際にグラム的にも結構ある)

ロータス カラメルビスケット4

というわけで、食べてみる!

ロータスビスケット211

かじると、ビスケットとしては比較的かっちりとしていて、粉っぽさが出すぎず、ザクザク感のある歯ざわりが特徴といった感じ。

味としては、シナモンの風味がハッキリとあり甘すぎない素朴よりな味付けで、固焼きの八ッ橋とちょっと似た方向性の味ともいえそう。

ビスケットとしてはパサっとしてたりモッサリしてたりする感じも少なく、歯ざわりもよく、しっかりまとまった作りでもあるので、飽きの来ない感じで、結構あった割にはすぐ食べきってしまったかも。

まとめ的なもの

ロータス カラメルビスケット5

ザックリした質感が非常にコーヒーとマッチしている、シンプルでうまいビスケット。

コーヒーや紅茶との相性も非常に良かったりするのが長所。

・メーカー:ロータス
・購入場所:ファミリーマート
・買った値段:270円(税込み)

原材料や成分表のデータ

ロータス カラメルビスケット6

原材料表

原材料名

小麦粉、砂糖、植物油脂、シュガーシロップ、大豆粉(遺伝子組換えでない)、食塩、シナモン、膨張剤

・内容量:124g
・名称:ビスケット

成分表

ロータスビスケット206

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー:481kcal
たんぱく質:4.9g
脂  質:19.0g
炭水化物:72.6g
ナトリウム:370mg
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ