今回のおやつ:三ツ矢製菓の「ミレービスケット うすしお味」を食べる!

三ツ矢製菓ミレービスケット 箱1

愛知県名古屋市の三ツ矢製菓のお菓子。

愛知県近辺で見かけるミレービスケットは、普通ミレーフライという名前だったりするので、最初箱だけサラッと見かけた時は、野村煎豆(高知県のメーカー)のミレービスケットの箱タイプかなと思ったりもしたんだけど、箱を手に取って見てみたら三ツ矢製菓と書かれていたのである。(三ツ矢製菓のお菓子は、ややマイナーではあるかもしれないけど「ビスくん」という棒状のビスケットが有名どころ。)

さらに、ミレービスケットに関して調べてみると、実はミレービスケットやミレーフライは三ツ矢製菓が生地を作っていて、そこから各メーカーに送られて加工されているらしい。

ミレー自体はもともと明治が作っていたお菓子で、それを三ツ矢製菓が引き継いだという話もあるので、なにやらミレービスケットやミレーフライは三ツ矢製菓と深く関りがあったりすると言えるかも。

このお菓子の特徴とか

内容量は68グラムで、カロリーは349kcal。

箱に書かれた説明によると、「油で揚げた、軽い塩味のビスケット」といったことが書かれているのである!

また、ミレービスケットの文字の下には「MILLET BISCUIT」といった文字。実は以前に「ミレービスケットのミレーってどんなスペルで書くんだ?」と疑問に思った事があるので、MILLETと書くことが分かって少し嬉しかったりもするところ。

三ツ矢製菓ミレービスケット 箱2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

ミレービスケット(あるいはミレーフライ)と言えば、だいたいこんな感じかなといった見ためで、軽く甘味のある香り。

三ツ矢製菓ミレービスケット 中身1

3.5センチあるかないかくらいの大きさで、まさしく一口サイズといった感じ。薄めなので、3枚ぐらいならまとめて食べれそうなサイズ感ともいえそう。

そして、色はこんがりとした茶色で穴が10個あいており、表面にはMIREの文字が書かれているのである!

というわけで、食べてみる!

早速実食!!

三ツ矢製菓ミレービスケット 中身2

表面は少しツルっとした舌触りで、塩が結構かかっていたりもするので、食べ始めのちょっとした塩味が少し印象的。

また、ビスケットとしては堅めの質感でなおかつ薄めなのもあって、噛むとポリポリと勢いよく砕けるような歯ざわりなので、食感的な部分も割と良い感じ。

こんがりとしたほろ苦いさの混じった素朴な甘味が、後味にじんわりと出てくるタイプの味なので、飽きにくいのが長所といったところ。このこんがりとしたような口当たりがミレー系の好きなところでもあるかも。

まとめ的なもの

昔ながら感のある甘味と塩味のウマいビスケット。

シンプルなお菓子なのもあって、コスパも良かったりするのも長所といえそう。

・メーカー:三ツ矢製菓
・購入場所:スーパー
・買った値段:78円(税抜き)

関連記事野村煎豆の「ミレービスケット」を食べる!
関連記事ワタヨシ製菓の「ミレーフライ」を食べる!
関連記事三ツ矢製菓の「ビスくん」を食べる!
関連記事三ツ矢製菓の「カパアールグレイクッキー」を食べる!

原材料や成分表のデータ

原材料表

三ツ矢製菓ミレービスケット 原材料表

原材料名

小麦粉(国内製造)、砂糖、植物油脂、ショートニング、ぶどう糖、食塩/膨張剤、乳化剤、(一部に小麦・大豆を含む)

・内容量:68g
・名称:ビスケット

成分表

三ツ矢製菓ミレービスケット 成分表

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:349kcal
たんぱく質:4.1g
脂  質:16.1g
炭水化物:46.9g
食塩相当量:0.4g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ