うまい・・・棒?:油屋の「世界の山ちゃん てばさき棒」を食べる!


第441回目のおやつは「世界の山ちゃん てばさき棒

世界の山ちゃん てばさき棒1

名古屋めしとして知られている食べ物といえば手羽先。

今回はなんと世界の山ちゃんの手羽先味であるらしい。

何、あの「世界の山ちゃん」だとっ!(といいつつ、世界の山ちゃんには一度も行ったことが無いのはよくあるパターン)

・特徴など

メーカーは名古屋市西区の油屋という菓子製造会社。自分としてはあまり聞いたことのないメーカかなといったところ。

袋んは世界の山ちゃんキャラが付いているのもまた特徴といった感じ。ちなみにこのキャラは鳥男というらしい。「とりおとこ」と読むのか「とりお」と読むのかどっちなんだろうか?

世界の山ちゃん てばさき棒2

とりあえず、開封!

袋を開けて皿に乗せてみる(`・ω・´)

なんだか、とある「うまそうな棒状の駄菓子」とビジュアル的に近い感じ。筒型のスナック菓子だけど横から見るとやや楕円状。

そして、においをかいでみると胡椒っ気のある何ともスパイシーな香りが良くて、ここらへんは手羽先っぽいかも。

世界の山ちゃん てばさき棒3

というわけで、食べてみる!

世界の山ちゃん てばさき棒4

歯ざわり的にサクッとした、スナック菓子。

丁度家にあったので「うまい棒のめんたい」と食べ比べてみると、最初の食感がやや固めな感じ。

味的には胡椒のスパイシーな刺激と、甘味のあるタレ味が手羽先の表面の部分をイメージさせる味わいといった感じ。

オーソドックスなタイプの駄菓子と言えなくも無いけど、歯ざわりも軽く食べやすいのもあって、10本くらいあっても即座に食べきれてしまいそうなお菓子。

・メーカー:株式会社油屋
・購入場所:デイリーヤマザキ
・購入価格:33円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

世界の山ちゃん てばさき棒5

原材料名
コーングリッツ(遺伝子組換えでない)、植物油脂、砂糖、食塩、香辛料、醤油パウダー、チキンエキスパウダー、黒糖、酵母エキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、卵殻Ca、香料、炭酸Ca、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、ネオテーム)、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に大豆、小麦、豚肉を含む)
・内容量:8g
・名称:スナック菓子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする