今回のおやつ:ブルボンの「ブリリアントトリュフ 深みきなこ」を食べる!


第256回目のおやつは「ブリリアントトリュフ 深みきなこ

冬季限定のお菓子。

ブリリアントトリュフ深みきなこ1

ブリリアントなトリュフ(`・ω・´)

ちなみにブリリアントとは、光り輝くとか華々しいといった意味らしい。つまり「光り輝くトリュフ」とか「華々しいトリュフ」とか、なかなか大きく出ているな!と言えるネーミングのお菓子。

トリュフというと、つい思い出しがちなのは珍味のキノコ。最近はカップ麺やポテトチップでも「トリュフ味」は時々発売されるんだけど、今回のトリュフはそういった珍味系ではなく、もちろんチョコのトリュフ。

最近では、カップ麺(主に焼きそば)にも、チョコの味が付いてたりするので、逆にチョコのトリュフが入ったカップ麺が普通に出てきても、おかしくない気がしてきた。

・・・ちなみに、トリュフチョコの由来は、きのこのトリュフに形が似てる事からきてるらしいので、あながち無関係でもない間柄といえるかも。

ブリリアントトリュフ深みきなこ2

とりあえず、開封!

個別包装で57g入り。個数は・・・ついつまみ食いしちゃったので、数え間違えの可能性があるけど、間違えてなければ12個。

ブリリアントトリュフ深みきなこ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

「こいつはよく転がりそうだぜ!」といった球体。

ブリリアントである!というよりは、真ん丸なぼた餅みたいな姿形で、きなこの香りもいい感じ。きなこ棒ならぬ、きなこ球といったところ・・・かも。

ブリリアントトリュフ深みきなこ4

というわけで、食べてみる!

とりあえず切ってみる。

生チョコっぽい、むっちりした感じの中身

ブリリアントトリュフ深みきなこ5

コーヒーでも飲みつつ実食(`・ω・´)

ふにっとした、やわらかい食感で、口どけも非常に良い感じ。そして、後味がいかにもブルボン菓子的な、なんとも言えない高級っぽさのある甘さのチョコ。

きな粉の粉っぽさが、意外と良い働きをしていて、まったりとした、なめらかな感じのチョコとは対比してる感じで、味のバランスもかなり良くてウマイ。

食べやすいので、一気に食べてしまったお菓子。

・メーカー:ブルボン
・購入場所:ローソン
・購入価格:216円(税込み)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.7点)

ブリリアントトリュフ深みきなこ6

原材料名
砂糖、植物油脂、きなこ(大豆を含む)、ココアバター、全乳粉、カカオマス / トレハロース、乳化剤(大豆由来)、香料
・内容量:57g(個包装込み)
・名称:チョコレート

ブリリアントトリュフ深みきなこ7

栄養成分表示(1個当たり)
エネルギー:28kcal 炭水化物:1.8g
たんぱく質:0.5g  -糖 質:1.6g
脂  質:2.1g  -食物繊維:0.2g
 -飽和脂肪酸:1.1g 食塩相当量:0.005g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする