今回のおやつ:永池製菓の「ハイパピロ」を食べる!


第548回目のおやつは「ハイパピロ

ハイパピロ1

パピロというとフレンチパピロといったお菓子がすぐに思い浮かぶんだけど、今回はそれとは別物かつ別メーカーのハイパピロというお菓子。

ハイというだけに、パピロの上位種なんだろうか?

ちなみにメーカーは石川県小松市の長池製菓というところ。

ハイパピロ2

とりあえず、開封!

個別報道で120グラムいり。結構数は入っているのもあって、存分に食べることのできるボリュームであるかな、といったところ。

ハイパピロ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

長さを測ってみると約4.5センチ。筒形の焼菓子に白いクリームが詰まった、まさしく「パピロである!」といった見ため。においをかいでみると、焼菓子の素朴な甘い香りが漂ってくるのであった!

ハイパピロ4

というわけで、食べてみる!

ハイパピロ5

コーヒーでも飲みつつ実食!!

ハイというだけあって、フレンチパピロと比べると表面の皮に厚みがあり、ポロポロ感の少ないよりしっかりした生地で、どことなくゴーフレットを彷彿とさせるような甘味を持ってるような感じ。パリッとしており結構食べ応えはるかな、といえそう。

また中身もミッチリと入っていて、クリーム感もハイなだけにそれなりに高く、ガッツリとした厚みのある生地にも負けていない存在感で良いバランス取りが出来ている感じ。

トータル的にはそれなりに甘味がありながらも、それほどクドくない口当たりで、「なかなかウマイ!」といった好み度。

フレンチパピロが好きな人には特にお勧めできそうな味。

・メーカー:永池製菓
・購入場所:スーパー
・購入価格:177円(税抜き)

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.5点)

ハイパピロ6

原材料名
小麦粉・砂糖・卵・マーガリン・ショートニング・膨張剤・(原材料の一部に乳を含む)
・内容量:120g
・名称:焼菓子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする