今回のおやつ:東豊製菓の「ポテトフライ じゃが塩バター」を食べる!

ポテトフライじゃが塩バター1

駄菓子のポテトフライシリーズのじゃが塩バター味。

「フライドチキン味」や「カルビ焼の味」には、いかにも駄菓子の袋といった感じのキャラクターが付いていたりもするんだけど、このじゃが塩バターは駄菓子ながらもシンプルにジャガイモの写真がドンとついている正統派といった感じ。

特徴とか

小さめの袋に入っていて4枚入り11gといった、まさに駄菓子的な感じのサイズ感で、がっつり食べるには少ないけど、ちょっとしたおやつ感覚で食べるには丁度いいぐらいのボリューム。

ポテトフライじゃが塩バター2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

薄焼きポテト煎餅といえる見ためで、色合いもかなりシンプルな素朴感のあるじゃがいもカラーといったところ。バターの香りはあからさまに強いわけでは無いけど、ほんのり香ってくる感じ。

ポテトフライじゃが塩バター3

というわけで、食べてみる!

ポテトフライじゃが塩バター4

さっそく実食!!

サクサク感のある軽い食感が長所な感じで、食感的にも煎餅ともチップスともとれる歯ざわり。

また、味としてはシンプルでその名の通りなジャガイモと塩とバター味なんだけど、濃すぎない程度の濃厚さはよい感じにあり。最近のポテチとかののバター味ほどバターは濃厚ではないけど、実はこのぐらいのバター感の方が自分としては好きかもしれない。

ポテトフライのシリーズとしては他の味よりもやや地味なような気もするけど、結構じんわりウマかったりするフレーバーといったところ。

・メーカー:東豊製菓
・購入場所:スーパー
・買った値段:38円

原材料や成分表のデータ

ポテトフライじゃが塩バター5

原材料名

小麦粉、パーム油、砂糖、馬鈴薯(遺伝子組換えでない)、コーンスターチ(遺伝子組換えでない)、食塩、チーズ、粉末油脂、全粉乳、蛋白加水分解物、バター、香辛料/調味料(アミノ酸等)、膨張剤、炭酸カルシウム、香料、微粒酸化ケイ素、甘味料(ステビア)、酸味料、アナトー色素、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

・内容量:11g
・名称:油菓子

ポテトフライじゃが塩バター6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:61kcal 炭水化物:5.8g
たんぱく質:0.8g 食塩相当量:0.32g
脂  質:3.9g
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ