今回のおやつ:明治の「コーラアップ すっぱいパウダー」を食べる!

コーラアップすっぱいパウダー1

2017年8月に発売されお菓子。

コーラアップというと、日本で一番最初(1980年)に発売されたグミキャンディーだったりした記憶があるんだけど、これはそのすっぱい版。

なにげにコーラ自体はかなり好きな飲み物だったりもするので、飲んでる頻度も多かったりするのであった!ちなみにコーラにもいろいろ種類はあったりするけど、自分の場合はペプシストロングゼロ派だったりするかも。ただ、思いのほか置いてない店が多かったりするので、妥協で安定して置いてあるコカコーラゼロを飲んでたりする事も多かったりする・・・

といった微妙に関係ないコーラ話はさておき。

このお菓子特徴とか

内容量は1袋53g。袋的にはそんなに大きいタイプでは無いので妥当なボリュームであるといえるかも。

特徴としては王道級コーラグミが酸っぱい粉を身にまとっているぞ!といった感じ。

コーラアップすっぱいパウダー2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

コーラビンをかたどったグミで、サイズは一口サイズ。そして、表面に付いているパウダーは結構ビッシリとしており、ザラザラ感はバッチリある感じ。

コーラアップすっぱいパウダー3

というわけで、食べてみる!

コーラアップすっぱいパウダー4

さっそく実食!

パウダーはちょっと酸っぱいぐらいで、それほど強烈なものでは無い感じ。刺激を求めると肩透かしになりそうではあるけど、逆に言うと酸っぱすぎない良いバランスの口当たりでもあると言えそう。

コーラアップ自体がコーラグミの基準みたいな部分もあるので、オーソドックスな味とも言ったところだけど、コーラ感はかなり良くて好きなグミだったりもする味。

なにげに一袋ほぼ一気に食ってしまった(´・ω・`)

実はそんなに値段が高くないのも良かったりするところ。

・メーカー:明治
・購入場所:サークルK
・買った値段: 108円(税込み)

今回のおやつ:明治の「コーラアップ」を食べる!
第529回目のおやつは「コーラアップ」日本のコーラグミの中では最も基本的な感じのロングセラーグミで、日本で一番最初に発売されたグミとされているお菓子。ならば、ど...

原材料や成分表のデータ

コーラアップすっぱいパウダー5

原材料名

砂糖、水あめ、ゼラチン、植物油脂、でん粉/ソルビトール、酸味料、ビタミンC、カラメル色素、増粘剤(CMC-Na、プルラン)、香料、光沢剤、(一部にゼラチンを含む)、香料、光沢剤、(一部にゼラチンを含む)

・内容量:53g
・名称:グミキャンディー

コーラアップすっぱいパウダー6

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:179kcal 炭水化物:41.2g
たんぱく質:3.3g 食塩相当量:0.02g
脂  質:0g
コラーゲン:2900mg
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ