今回のおやつ:七尾製菓の「抹茶パピロ」を食べる!


第309回目のおやつは「抹茶パピロ

抹茶パピロ1

福岡県北九州市の七尾製菓というところが作っている、どことなくレトロな感じのするお菓子。

パピロとはなんぞや?

といったような疑問が起こってくるんだけど、どうやら「フレンチパピロ」というお菓子のシリーズであるらしい。

フレンチパピロ自体は昭和37年(1962年))からあるロングセラーなお菓子らしいんだけど。なんだか食べたことあるような気もするし無いような気もするしで、ほとんど覚えていないかも(´・ω・`)

今度探してみようと、軽く決意。

抹茶パピロ2

とりあえず、開封!

ドドンと一気に全部出してみると、結構盛りだくさんな感じの個包装。内容量は80グラム

抹茶パピロ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

抹茶という事で、緑色のクリームが焼菓子の筒に詰まった、ちょっぴり細長なスタイル。長さは約5cm。

さわってみると、薄いながらも、よくあるクッキーやビスケットよりも固そうな手触り。さらに、においを嗅いでみると、昔ながらの和風の焼菓子的な、ほわっとした甘味のある香り。

抹茶パピロ4

というわけで、食べてみる!

抹茶パピロ5

コーヒーでも飲みつつ実食(`・ω・´)

筒はゴーフレットを固くしたような感じで、ザクザクというかガリガリというかな歯ざわり。2重巻きみたいになってるので、その分ちょっと食感良い感じ。生地自体にも「昔ながらなお菓子」的な甘みあり。

クリームはふわふわとした、かなり柔らかい感じで、抹茶の苦い感じはそこまでガッツリでもないけど、だんだん後味に出て抹茶感が来るかな、といったところ。

これは!という決め手はないものの、何だか知らないうちに完食しちゃうような勢いのあるお菓子。

関連する記事⇒七尾製菓の「フレンチパピロ」を食べる!

関連する記事⇒七尾製菓の「フレンチさくらパピロ」を食べる!

・メーカー:七尾製菓
・購入場所:忘れた
・購入価格:忘れた

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.2点)

抹茶パピロ6

原材料名
小麦粉、砂糖、鶏卵、ショートニング、麦芽糖、マーガリン、抹茶、クロレラ、コーンスターチ、ぶどう糖、膨張剤、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
・内容量:80g
・名称:焼菓子

抹茶パピロ7

栄養成分表示(80g当り)
エネルギー:387kcal 炭水化物:57.4g
たんぱく質:4.9g ナトリウム:63mg
脂  質:15.4g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする