餅太郎とよく似た駄菓子:菓道の「どんどん焼」を食べる!

どんどん焼1

袋を見てみると「どんどん焼」という名前ゆえかは分からないけど、太鼓をドンドン叩いているイラストがついていたりするデザイン。

菓道 どんどん焼

何気にこのお菓子、コンビニで飲み物を買う時、なんとなく軽く何か食べたいなという時に、安いのもあってついで買いする事の多かったりする菓子のひとつといえるかも。

どんどん焼2

【発売年】

餅太郎と双璧を成す、というかよく似ている菓道の駄菓子で昔ながらのロングセラー。餅太郎の方が少し昔からあるので、どんどん焼のほうがどちらかというと派生商品的なものなのかも。(ちなみに餅太郎の発売年は1976年、どんどん焼の発売年は1979年)

【内容量やボリューム感】

食べきりサイズ的な小さな袋入りで、内容量は12g。

袋菓子やらおにぎりやらパンやらをまるまる1袋食べるほど腹は減ってないけど「少し何か食べたいぞ」という時には、この多すぎず少なすぎない量がベストな感じがするボリューム感といったところ。

【袋の説明】

袋の説明を見てみると、

こんにちは、この度は「どんどん焼」をお買い上げいただき有難うございます。私「どんどん焼」は上質な原料を使用し、サラダ油でフライにして、ソースを混ぜ、口当たりよくあなた様のお口に合います様調理いたしました。どうぞ私「どんどん焼」をご賞味していただき、むかしなつかしい味を思い浮かべていただきたく思います。

どんどん焼3

と、何となく選挙とかの自己紹介みたいな言い回しの説明文が、とうとうと書かれていたりするのも、いかにも菓道の駄菓子といった感じ。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

小粒のあられのようなお菓子で、色はやや茶色く表面にはアオサがパラパラと散らしてある見ため。たまに色が凄く濃くなっているのも駄菓子にはよくありそうな事。(何気にこれがうまかったりもするけど)

どんどん焼4

食べてみた感想!!

というわけで、食べてみる!

どんどん焼5

牛乳でも飲みつつ実食!!

カリカリ感で攻めてくる軽い歯ざわりのあられのような駄菓子なんだけど、特徴的なのはジワジワと効いてくる酸味。後味にまで酸味は力を発揮して、地味だけど確実に余韻を残していくのである!といった感じ。

さらに、申し訳程度にちょっぴりと入っているピーナッツもまた良いアクセントで、あられだけで単調にならない効果もあるのが嬉しい要素でもあるかも。(でもたまにピーナッツが入っていないこともあるらしい)

約20円ほどの値段でそこそこの量が入っているのも長所かもしれない。

といったわけで、どんどん食べたくなる味の駄菓子といったところ。

・メーカー:菓道
・購入場所:スーパー
・購入価格:20円

原材料表

どんどん焼6

原材料名

小麦粉、植物油脂、でん粉、ソース、砂糖、アオサ粉、ピーナッツ、香辛料、食塩、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、膨張剤、(原材料の一部に大豆、乳成分を含む)

・内容量:12グラム
・名称:菓子


スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ