今回のおやつ:リスカの「うまい棒 めんたい味」を食べる!

うまい棒めんたい味1

うまい棒の中で一番主流な気がするものはどれか?と聞かれてしまうと、真っ先に思い浮かびそうなのが今回めんたい味。

これまでに自分が食べてたうまい棒の種類から考えてみても、ほぼ間違えなくめんたい味が一番回数食べてる味なのであった!

ちなみに2番目は多分サラダ味で3番目がチーズ味といったところ。

このお菓子の特徴とか

内容量は他のうまい棒と同じく1本あたり6g。

また、他の味は結構袋の色が変わってるのも多いなか、めんたい味の袋はかなり昔から紫色だった覚えもあるかも。さらに袋には「パワーアップ」とも書かれているので、変わらないように見えて味的には進歩してたりもするんだろうか?

ちなみに、めんたい味が発売されたのは1982年であるらしい。

うまい棒めんたい味2

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる(`・ω・´)

めんたいの味というだけに色も濃い赤みがかったオレンジ色で、生地そのものも何となく赤みがかってる気がする。そして、匂いにもそれなりに辛みがありそうな感じ。

うまい棒めんたい味3

というわけで、食べてみる!

うまい棒めんたい味4

さっそく実食!!

サクサクのコーンパフは、いつもながらの歯ざわり良い軽さが好印象。さらに、真ん中に穴が開いているのも、立体的な構造的になってパリパリ崩れるのもあり食感アップに寄与している感じ。

また、表面の粉がたっぷり付いてる感は、数あるうまい棒の中でも随一といえそう。そして味としては、ピリ辛ではあるけど実はちょっと甘味がかった味も濃厚感があるのも特徴。この旨辛感が大変良い感じでウマイ!

うまい棒といえばコレと言えるほどに、トップクラスのインパクトのあるウマサといったところ。(実際にめんたい味は人気あるだろうけど)

・メーカー:リスカ
・購入場所:スーパー
・買った値段:10円

原材料や成分表のデータ

うまい棒めんたい味5

原材料名

コーン(遺伝子組換えでない)、植物油脂、糖類(ぶどう糖、砂糖)、パプリカ、香辛料、パン粉、たん白加水分解物、たら調味パウダー、食塩、調味料(アミノ酸等)、香料、パプリカ色素、甘味料(スクラロース)、(原材料の一部に小麦、乳、大豆を含む)

・内容量:6g
・名称:スナック菓子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする