今回のおやつ:セリア・ロイル「ロータスビスケットアイス」を食べる!!

ロータスビスケットアイス11

ロータスビスケットというと、ベルギーの有名どころなビスケットなんだけど、今回はそのロータスビスケットの名前が付いているアイスクリーム。

果たして実際にロータスビスケットが入ってたりするのか、それともお菓子味の飲み物やラーメン味のお菓子のように味を再現したタイプなのか何とも気になるところ。

このお菓子の特徴とか

ロータスビスケットアイス12

ファミリーマート・サークルK・サンクスの限定モノ。

いろいろ調べてみると2016年や2017年にも出ているみたいなので、シーズン限定あるいは毎年恒例的なアイスなのかもしれない。

ロータスビスケットアイス02

とりあえず、実際のロータスビスケットと並べてみるとこんな感じに。

ロータスビスケットアイス01

パッケージの説明

ロータスビスケットアイス03

本商品はベルギーのLotus Bakeries社のライセンスを受けて株式会社セリア・ロイルが製造致しました。
ほのかなシナモンの香りとほどよい甘さのロータスビスケットBiscoff®はコーヒーや紅茶との相性がよく、世界中の人から愛されています。
本商品はクランチ状にしたロータスビスケットを贅沢に使用しており、ビスケットのくせになるおいしさとミルクアイスのマリアージュをお愉しみ頂けます。

説明からすると、崩したビスケットが実際に入っているタイプといったところ。(最初はビスケットが丸ごと入ってるパターンも少しだけ予想してたかも)

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる。

きなこカラーというか白っぽい薄茶色のアイスで、さらには茶色いツブツブ。おそらくはこのツブツブこそロータスビスケットに違いない!!

ロータスビスケットアイス04

というわけで、食べてみる!

包丁で切ってみる。

写真撮ってたり切ったりしてるうちに軽く溶けてきたりしてるけど、中身にはプリンの先っちょ(もしくは底)で見かけるようなキャラメルソースが出現!!自分としてはこういうソースは結構ツボかもしれない。

ロータスビスケットアイス05 width=

早速実食!!

シャリシャリタイプではない滑らかタイプで、口どけのよい柔らかみがあるのアイス。なので、キャラメルソースとはよく合い、非常にまったりとした口当たりがウマい。

ソースが入ってるエリアは半分ぐらいまでなので、後半は甘いなりにサッパリした感じになってくる感じ。*何気に上の方にソースが集中してるアイスを下の方も先に食べてバランスを取ろうとしてた事もあるにはあったけど、最近は普通に上から食べてるかも。

そして、ビスケットはアイスの湿気を含んでいるからか、ビスケット単体よりちょっと柔らかめの食感ではあるけど、実はこのほんのりフニャっとした感じは結構好き。また、ロータスビスケットのシナモンの風味がよい感じに後味に残ってくるのが何とも良いところ。

まとめ的なもの

滑らかで甘すぎない落ち着いたうまさが特長といったところで、斬新タイプではないけど手堅い感じのうまさが良い!!

キャラメルソースやらシナモンの風味が良い感じで、何となくコーヒーでも飲みたくなりそうだ!といった感じのアイス。

・メーカー:セリアロイル
・購入場所:ファミリーマート
・買った値段:178円(税込み)

原産国ベルギーのお菓子「ロータス オリジナル カラメルビスケット」を食べる!
今回のおやつ:ロータスビスケット!!ファミリーマートで購入したお菓子で、原産国はお菓子の美味い国(のようなイメージのある)ベルギー。ロータスビスケット自体は...

原材料や成分表のデータ

原材料表

ロータスビスケットアイス06

原材料名

乳製品、牛乳、ビスケット(小麦粉、砂糖、植物油脂、シュガーシロップ、大豆粉、食塩、シナモン)、キャラメルソース(砂糖、水飴、乳製品、異性化液糖、その他)、砂糖、水飴、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類、寒天)、着色料(カラメル色素、カロテノイド)、pH調整剤、(原材料の一部に乳、小麦、大豆を含む)

・内容量:90ml
・名称:アイスクリーム

成分表

ロータスビスケットアイス07

栄養成分表示(1個あたり)
熱  量:178kcal
たんぱく質:2.5g
脂  質:10.0g
炭水化物:19.4g
ナトリウム:57mg
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ