今回のおやつ:三ツ矢製菓の「ビスくん」を食べる!

ビスくん01

パッケージには何故かガンマンのイラストが描かれているビスケット。

このビスくんには先ほどのガンマンタイプのパッケージとピノキオのようなイラストの書かれたパッケージデザイン2種類あり、この何だか良く分からない感じがいかにも駄菓子的な気もする。

ビスくんピノキオタイプ

ビスケットというと、丸いメダル型をしていたり平たい四角だったりしている事が多かったりもするけれど、今回のビスくんに関してはプリッツやポッキーのように細長いスティックタイプなのである。

棒状のビスケットにはアスパラガスビスケットだとか、しるこサンドのスティックタイプとかもあるけど、それよりもさらにヒョロ長いのがこのビスくんである・・・といったところ。

このお菓子の特徴とか

内容量は18グラムとそんなに多くはなく、どちらかというと一回で食べきるような駄菓子的な感じのお菓子で、実際にスーパーなどの駄菓子コーナーで見かける事も多め。というかほとんど駄菓子コーナぐらいでしか見ないお菓子なのである。

ビスくん02

このサイズ以外にも缶入りタイプや大きな袋に入ったバージョンもあるらしいけれど、一番よく見かけるのはやはりこの駄菓子タイプかなといった感じ。

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

中身は透明のトレイ入り。

ビスくん03

表面はツヤがあるわけでもないけど少しツルっとした質感で、色は焼き上がり感の良さげな茶色。両端のほうはさらにコンガリとした感じで、裏側は斜めに焼き目のスジが細かく無数についている見ため。

こういうビスケットには味的なアクセントのためか塩の粒がついてたりもするんだけど、じっくり観察してみるとやはり少し塩粒らしきものも見られるのが特徴で、匂いはいかにもビスケットといったじんわりとした甘味を放っているのであった。

というわけで、食べてみる!

さっそく実食(`・ω・´)

ビスくん04

プリッツよりも折れにくそうな頑丈さがあり、このちょっとした堅さと細い形の兼ね合いのボリボリとした歯触りがなかなか心地よかったりもする食感といった感じ。

また、噛んでいるとじんわりと口の中に発生してくるような素朴感のある定番的な甘さが、オーソドックスではあるけど甘すぎず口当たりも良かったりする味で、塩味のアクセントもどちらかというと、ほんのりとしているぐらいのバランスかなといったところ。

まとめ的なもの

それほど量は多くないので、軽めのおやつ的な方向性で食べると丁度良さそうなボリューム感のビスケット。

派手なところは無くとも、やんわりとウマいビスケットといった感じなのであった。

・メーカー:三ツ矢製菓
・購入場所:スーパー
・買った値段:円(税込み)

原材料や成分表のデータ

原材料表

ビスくん原材料

原材料名

小麦粉、砂糖、植物油脂、ショートニング、ぶどう糖、米粉、食塩、全粉乳/膨張剤、卵殻カルシウム、香料、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

・内容量:18g
・名称:ビスケット

成分表

ビスくん成分表

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:88kcal
たんぱく質:1.5g
脂  質:3.7g
炭水化物:12.2g
食塩相当量:0.2g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ