ドイツのお菓子:Eichetti「ハッピークリスピーカップ」を食べる!


第291回目のおやつは「ハッピークリスピーカップ

ハッピークリスピーカップ1

Eichettiというドイツのメーカーのお菓子。(多分アイヒェッティと読む)

パッケージを見てみると、ドイツ語や英語、他にも何語か分からない言葉で書かれていて、裏に日本語ラベルがペタッと貼られてる、輸入菓子にはよくあるタイプのお菓子。

そして輸入者はエイムという会社。

ハッピークリスピーカップ2

とりあえず、開封!

縦長の箱にギッチリ10個入り。

割とリッチな感じがする見た目で、一個ずつ穴になってる部分に固定されていて、引っこ抜いて食べるタイプ。そして上側は色鮮やかな感じ。

ハッピークリスピーカップ3

皿に乗せてみる(`・ω・´)

小さなアイスクリームのコーン的なものの中に、チョコが充填されていて、上側にはカラフルなボール。ボールの数に多いのと少ないのがあるのは気のせいだろうか?

ちなみにコーンの高さは約6cm。

ハッピークリスピーカップ4

というわけで、食べてみる!

ハッピークリスピーカップ5

コーヒーを飲みつつ実食(`・ω・´)

中のチョコは海外菓子相応に結構甘いけどコーンの味がワンクッション置いてるのもあり、甘さをフルパワーで受け取る形にはならないので、食べやすい味バランス。何かの香りがついてるのか、チョコに良いとも悪いとも何とも言えない独特の風味があるのも特徴といえるかも。

チョコにカラフルな球体は、マーブルチョコを丸くしたような感じのもの。カリカリとした表面の中身はチョコなので、甘さはさらにパワーアップ。チョコが甘いので、カリカリとした食感はともかく、マーブルチョコ自体の味は埋もれがち。

割と甘かったので、やや濃いめのコーヒーの飲みながら食べるのが丁度良さそう。

まあまあウマイといった好み度。

・メーカー:Eichetti
・購入場所:リサイクルショップ

・好み度(5段階中)
★★★★★  (3.3点)

ハッピークリスピーカップ6

原材料名
砂糖、植物油脂、ホエイパウダー(乳製品)、チョコレートドラジェ(砂糖、カカオマス、ココアバター、小麦粉、澱粉)、小麦粉、ココアバウダー、大豆粉、じゃがいも澱粉、小麦繊維、食塩/乳化剤、香料、着色料(二酸化チタン、赤40、黄5、青2、ウコン)、膨張剤、光沢剤
・内容量:100g
・名称:菓 子

ハッピークリスピーカップ7

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー:544kcal 炭水化物:62g
たんぱく質:3g 食塩相当量:0.2g
脂  質:32g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする