今回のおやつ:ブルボンの「エリーゼ」を食べる!

エリーゼ1

ブルボンといえばルマンドかエリーゼといったぐらいに、ずいぶんメジャー感のあるお菓子。

メーカーサイトによると1979年(昭和54年)の発売とあるので、ガチガチのロングセラー商品であるといったところ。なので、これまでに食べている回数も非常に多かったりするかも。

このお菓子の特徴とか

今回のものは、箱入りで16袋入っているタイプ。1人で食べるとなると、ボリュームはたっぷりと言えそう。

ちなみに、ブルボンのお菓子には「パキーラ」というエリーゼをゴツくしたようなお菓子もあるのであった。エリーゼに近いけどガッシリしてるので、一長一短な部分のあるお菓子な感じ。

*さらにどうでもいい話だと、海外モノのお菓子にセリナーゼという(ネーミングの時点ですでにパチモノな)お菓子もあって、エリーゼに似せようとしているものの全然似せきれていないという、なかなかC級なシロモノも存在していたりするかも。

エリーゼ2

とりあえず、開封!

さっそくパカッと開封。結構たくさん入っていたりするので、おやつタイムなどにシェアして食べるタイプのお菓子としてもベストといえそう。

エリーゼ3

個包装は白(ホワイト)と赤(チョコ)ということで、なんとなく紅白な感じの2色。

エリーゼ4

皿に乗せてみる(`・ω・´)

ウエハースにクリームが挟まっているお菓子で、ネーミングなんかも含めて何となく高級っぽい感じがするのも良い所といえるかも。

エリーゼ5

というわけで、食べてみる!

エリーゼ6

紅茶でも飲みつつ実食!!

ウエハースにクリームの入ったお菓子。ウエハースはサクサクと歯ざわりの軽い殻のような存在感で、噛んだ後にチョコのクリーム感と食感が混じりあったりして口当たりが凄まじくよい感じ。

チョコを食べたならほろ苦さと甘さがあり、ホワイトを食べたならマッタリとしたクリーム感ある甘さがやってきて、交互に食べていたりもすると箱が空になるまで食べ続けてしまいそうな罠に陥るのであった!!

また、ウエハースとのバランスがあるおかげで、甘さによるクドさもさほど感じなかったりするのも一気に食べてしまうウマサの原因と言えそう。

といった感じで、4袋ぐらいにしておく予定がが半分以上食べてたりもしてしまったかも。

とにかく食感が良く、紅茶やコーヒーにマッチしてたりもするのもあって、昔から飽きることなく食べてるお菓子のひとつといったところ。

・メーカー:ブルボン
・購入場所:スーパー
・買った値段:198円(税込み)

原材料や成分表のデータ

エリーゼ7

原材料名

<チョコ>小麦粉、植物油脂、砂糖、全粉乳、カカオマス、乳糖、デキストリン、大豆粉、液卵黄(卵を含む)、コーンフラワー、ぶどう糖、食用加工油脂、カラメルパウダー(乳成分を含む)、ホエイパウダー(乳成分を含む)、ココアパウダー、モルトエキス(小麦を含む)、食塩、水飴、バター、乳化剤(大豆由来)、ソルビトール、香料(乳由来)、着色料(カラメル、カロテノイド、ウコン)、トレハロース
<ホワイト>小麦粉、植物油脂、乳糖、砂糖、全粉乳、クリーミングパウダー(乳成分を含む)、ココアバター、ホエイパウダー(乳成分を含む)、ぶどう糖、脱脂粉乳、デキストリン、大豆粉、液卵黄(卵を含む)、コーンフラワー、食用加工油脂、モルトエキス(小麦を含む)、食塩、水飴、バター、乳化剤(大豆由来)、香料、ソルビトール、着色料(カラメル、カロテノイド、ウコン)、カゼインナトリウム(乳由来)、調味料(核酸等)

・内容量:32本(2本×16袋)
・名称:クリームウエハース

エリーゼ8

栄養成分表示(2本×1袋あたり)
チョコ
エネルギー:39kcal 炭水化物:4.3g
たんぱく質:0.6g ナトリウム:5.3mg
脂  質:2.2g 食塩相当量:0.01g
ホワイト
エネルギー:39kcal 炭水化物:4.3g
たんぱく質:0.5g ナトリウム:6.6mg
脂  質:2.2g 食塩相当量:0.02g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ