今回のおやつ:ライオン菓子の「なしグミ」を食べる!

ライオン菓子なしグミ01

千葉県産のすりおろしピューレを使用したとあるグミ。

ちなみに千葉県は梨の生産量が日本で最も多い県であるらしい。

このお菓子の特徴とか

内容量は40gで小ぶりのチャック付きの袋入り。ボリューム的には、それほど多くないかなといったところ。

ライオン菓子なしグミ02

袋によると、梨のすりおろしたピューレが使われており、みずみずしい梨本来の味わいが楽しめる、とのことなのであった。

ライオン菓子なしグミ03

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

摘まむと表面がプニプニとしている、ドーム状の形をした直径2センチほどのグミ。色は梨色といった感じの色合いで、表面には何かのパウダーが少し付いているのが特徴。

そして、匂いはグミっぽさがありつつも割と梨的な感じの香り。

ライオン菓子なしグミ04

というわけで、食べてみる!

さっそく実食(`・ω・´)

ライオン菓子なしグミ05

表面のパウダーは特に味がしないので、グミ同士がくっつくのを防ぐためのものかなと言った印象。

食べてみると、モチモチ感があり少しコシのある噛みごたえで、ハードグミと言うわけではないけど良い感じの堅さというかコリコリさのある歯触り。寒天ゼリーにちょっと弾力と堅さが備わってるような食感といったようなイメージといえるかも。

グミを噛んでいると中身の梨ペースト層にたどり着くけれど、そのあたりから梨感が口の中に漂い始めるのが良いところ。ペーストはトロトロタイプというわけではないけど、表面のグミより柔らかいので食感的にもメリハリのある部分もアリ。

まとめ的なもの

どちらかというとシンプルなグミであるけど、梨の味の出具合はまあまあ良い感じ。

食感的には堅さ・弾力共に普通くらいといった感じで、モッチリ感がやや中の上ぐらいといったグミ。

・メーカー:ライオン菓子
・購入場所:ローソン
・買った値段:123円(税込み)

原材料や成分表のデータ

原材料表

ライオン菓子なしグミ06

原材料名

砂糖、水飴、ゼラチン、澱粉、和梨ピューレ(千葉県産)、アップル濃縮果汁、粉末オブラート/ソルビトール、酸味料、粉末セリロース、香料、ゲル化剤(ペクチン)、光沢剤、乳化剤

・内容量:40g
・名称:キャンデー

成分表

ライオン菓子なしグミ07

栄養成分表示(1製品あたり)
エネルギー:126kcal
たんぱく質:1.7g
脂  質:0.1g
炭水化物:31.3g
食塩相当量:0.04g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ



コメント

  1. 匿名 より:

    ライオンといえば安い割においしいのが特徴ですよね。今度見かけたら買うかどうか考えてみます。あと俺が言えたものじゃ無いですが、お菓子の食べ過ぎには気をつけてくださいね。糖尿病と高血圧併発しますよ。

    • TAWAGOTO より:

      コメントありがとうございます。そこそこ運動してたり、普段の食事は結構バランス取ってたりと、お菓子以外の部分では地味に気を使ってる部分もあったりします。

  2. 匿名 より:

    そういえば前クックパッドでドクターペッパーで杏仁豆腐作ってる馬鹿がいましたwww.でも試してみたい気がしないででもない。

    • TAWAGOTO より:

      コメントありがとうございます。
      その昔、杏仁豆腐を作ろうとしたものの材料がスーパーで売って無くて、そのまま作ろうとしたこと自体忘れてた事が・・・。
      ドクターペッパー自体杏仁豆腐っぽい匂いがするので、意外とよく似たものができそう。

  3. 匿名 より:

    ちなみに僕学生なんですけど、ブログ主さんの好きな(ラムネ)を学校の実験で作ったことがありますよ~。…とはいうもののかなり簡単な物で、コーンスターチ入り粉砂糖と重曹とクエン酸をうまく配合して固めるだけの物なんですけど…。でも意外と美味しかったですよ!!(ラムネ好きの感想)

    • TAWAGOTO より:

      コメントありがとうございます。
      実はラムネ的なものを作った事は無かったりもするので、少し作って見たい気も!