今回のおやつ:ひざつき製菓の「ビーフ玉葱せんべい」を食べる!

ビーフ玉葱せんべい01

玉葱味のお菓子というと玉葱さん太郎という駄菓子を思い出すけど、今回は玉葱味のせんべい。

パッケージにはドンと串焼きの肉と玉葱のイラストが付いており、名前も「ビーフ玉葱せんべい」といった非常に分かりやすいもの。

味付けとしては、どこかスナック菓子要素のあるせんべいなのであった!

このお菓子の特徴とか

とりあえずはビーフと玉葱の味という時点でも、せんべいというカテゴリでは結構特徴的ではあるんだけど、袋によると、この玉葱は生地にも練り込まれているとのこと。生地の時点で玉葱味が行き渡っていそうな感じがするかも。

ビーフ玉葱せんべい02

そして、メーカーは栃木県のひざつき製菓で内容量は37g。何気にひざつき製菓のお菓子というと、少し前に「特濃明太マヨつなあげ」というのを食べた覚えもあるのであった。

栃木県のひざつき製菓というメーカーのあられで、明太マヨ味。それもただの明太マヨというにとどまらず「極濃」とあるのであった!極濃というと、言葉のニュアンス的に...

とりあえず、開封!

皿に乗せてみる!

大きさ5センチほどの煎餅。色は白めで表面は茶色っぽいパウダーがかかっている外観。

匂いはまさしく玉葱で、甘味のありげな香りは玉葱好きな人にはなかなかポイント高いかもしれない。

ビーフ玉葱せんべい03

というわけで、食べてみる!

さっそく実食!!

ビーフ玉葱せんべい04

さっそくかじってみると、せんべいとしては歯触りが軽いタイプでザクザクとした食感。それなりに柔らかく食感的にもスナック菓子寄りな部分もあるといえそう。

そして味としては、まず玉葱が生地に練り込まれているだけあってかなかなか風味がリアル。玉葱の甘い感じと独特の香りが口に広がり、ビーフの旨味が濃すぎないバランスなのもどこか煎餅感のあるところ。

まとめ的なもの

じんわりとした甘さがうまく、ある意味スナック菓子のような感覚で食べられる煎餅といった感じ。

サイズ的にはそこまで大きくもないので、一口でパクッと食べられる手頃感もあるのも長所で、また、コスパも割と良いのも長所と言えそう。

・メーカー:ひざつき製菓
・購入場所:セブンイレブン
・買った値段:108円(税込み)

原材料や成分表のデータ

原材料表

ビーフ玉葱せんべい05

原材料名

うるち米(国産)、植物油脂、ペパービーフシーズニング(グラニュー糖、食塩、ポーク風味調味料、香辛料、たん白加水分解物、その他)、乾燥玉ねぎ/調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、甘味料(ステビア)、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

・内容量:37g
・名称:米菓

成分表

ビーフ玉葱せんべい06

栄養成分表示(1袋あたり)
エネルギー:188kcal
たんぱく質:2.3g
脂  質:9.1g
炭水化物:24.3g
食塩相当量:0.6g
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ



コメント

  1. 匿名 より:

    久しぶりに拝見いたしましたが、やっぱり見ていてわかりやすい記事ですね。見ている側として食べたいと思えてくるあたり本当に完成度高いと思います。これからも素晴らしい記事を書きつづけてください。

    • TAWAGOTO より:

      コメントありがとうございます。
      まだまだ続けていきますのでよろしくお願いします!